中華圏で超大人気のダークサバイバル×ダンジョンRPGが日本語化!松明や食糧を頼りに亡霊が潜む墓地を探索せよ「長生劫(Tomb Survivor)」



長生劫レビュー 古代中国の歴史をテーマとした暗黒世界だ。

知恵を絞り、綿密な計画を立てないと、古墓の中では生きられない

「長生劫(Tomb Survivor)」は亡霊が潜む未踏の迷宮へと潜り、行方不明になった仲間と財宝を見つけ出すダンジョン探索RPGだ。
プレイヤーは探索隊を率いる校尉として、松明と食糧を頼りに古墓の調査を進めながら歴史の裏に隠された謎を解き明かしていく。
六人の開発陣によって作られたインディーズアプリながら中華圏で約200万DLと大ヒットを記録している作品で、今回新たに日本語も対応したグローバル版がリリースされた。
非常に密度の濃いゲームで、遊び出すと手が止まらなくなるタイプ。のめり込めるゲームを探している人にはピッタリだ。

探索して資源を集め、亡者を滅ぼそう

長生劫レビュー 視野範囲は狭く、灯りの松明も資源として消費してしまう。
ダンジョン内部はマス目状に区切られており、4方向へのボタンを使って移動、アクションボタンで周辺を調査できる。
一歩動く度に「飽食度」が下がっていき、食糧で回復しないと体力も減ってしまう。アイテムの持ち込み量や撤退するラインを見極めるのが重要だ。
モンスターとの戦闘ではゲージが溜まった順に行動するが、全てオート進行なので残り資源やHP管理がメインとなる。

キャンプ場で探索への準備を整えていこう

長生劫レビュー 釣りはタイミング良く引き上げるミニゲームとなっている。
無事に生きて脱出すると、持ち帰った資源を使ってアイテム加工や施設強化を行う。
回復薬の調合、食糧の調理、クラフトでの備品修理など、素材からダンジョン探索に必要な物品を生み出せるのだ。
釣りエサを確保すれば池で釣りをして、釣り上げた魚を食糧の足しにすることもできるぞ。

「長生劫」は多彩なアイデアと独自性のある舞台設定が魅力的!

長生劫レビュー 仲間に意見を聞けるのもイイ。クリーチャーはグロい。
ダンジョン内部は闇に包まれていて自分の足で地図を埋める必要があるが、道中には部屋に応じて発生する固有イベントが待ち構える。
選択肢によって展開は分岐し、強敵と対立して戦うかor腐った肉を食べて状態異常にされるかといった決断を迫られることもある。
イベントはバリエーションが凄まじいので結果を予測しづらく、徐々に減っていく資源アイテムも合わせて探索時は常にリスクが付きまとうからスリリングだ。
気味が悪いクリーチャーだらけの仄暗い古墓だけを探索する世界観も絶妙で、未知の体験にワクワクしちゃうゲーム性となっていた。

アクの強い仲間を集めるのが楽しい

長生劫レビュー ひょうきんなキャラがいると安堵してしまう。
イベントの中で増えていく仲間キャラは技能&天賦というスキルを持っていて、料理や交渉など得意な役割が異なる。
ダンジョン探索には全員連れ出せるワケではないが、余った人員には専用の放置エリアで資源の回収を命じられるぞ。
ストーリーにおいても各々の個性が立っており、捻くれた性格や尖った発言も多いので気に入るキャラが見つかるハズ。

NPCとのアイテム交換で実用品をゲット

長生劫レビュー 置いた時に表示されるコメントで価値が分かる。
定期的にキャンプに訪れる商人とは、手持ちのアイテムを提示して物々交換できる。
交渉人や相手の好みによってアイテムの価値は変わり、浮世離れした人だと紙幣すらゴミ扱いされるのが面白い。
最低ラインを突破すればケチ扱いされつつも交渉は成立するが、喜んで交換してもらうくらいの量を提示すれば後々良いことにも繋がりそうだ。

ゲームの流れ

長生劫レビュー
とある雇い主の命によって、中国の古墓を調査することになった主人公。
しかし航海途中に船が転覆し、仲間と離れ離れになってしまう。
幸いにも目的地には辿り着けたので、何も持たない一人の状態から探索を始めることに。
 
長生劫レビュー
ダンジョンには王朝時代にまつわる様々な要素やギミックが用意されている。
中にはパズル要素もあり、探索の中で謎を解明しないと進めないトラップも存在する。
周りにはツボや死体といった調べられるオブジェクトがあり、アイテムを回収可能だ。
 
長生劫レビュー
戦闘はオート進行、各キャラが通常&スキル攻撃で応戦する。
雑魚戦は逃走できるが、イベント戦だと逃げられないので資源が少ない状態だと致命的。
 
長生劫レビュー
キャンプ場での放置稼ぎ「探索分配」はキャラに道具を持たせてると効率が上がる。
キャラのレベルアップに必要な武器アイテムを発見することもあるぞ。
 
長生劫レビュー
一部のダンジョンやキャラクターは課金通貨であるダイヤを使って購入可能となっている。
無料で遊べるダンジョンだけでも十分に面白いので、踏破を目指して頑張ろう。
この先はアナタの手でプレイしてみてくれ!(お約束)

「長生劫」序盤攻略のコツ

長生劫レビュー 当面の目的を忘れた時は備忘録をチェックしよう。
ゲームの目的はダンジョン踏破=マッピング100%の達成だけど、一度の挑戦で実現することはまず不可能。何度も潜ってチマチマ埋める必要がある。
探索は万全の状態で挑みたいが、資源を多く持ち込み過ぎると重量制限のせいで動きにくくなり、全滅時のアイテムロストも手痛いモノとなってしまう。
ワープトンネルを見付ければ出口へと撤退しやすくなってリスクも減るので、まずは周辺をくまなく探索してから先へ進もう。

触らぬ神に祟りなし

長生劫レビュー そもそも選択肢を選ばなければ回避できるイベントも多い。
圧倒的強さを持つボスと遭遇しても、別の場所を探索していく内に弱体化イベントが発生するパターンもある。
本作はムリなことを後回しにすれば物事が上手く運びやすいので、一つのルートがダメだったとしても諦めずに他の可能性を探ってみよう。
どうしても詰まってしまう場合、「長生劫 攻略」と検索すれば海外の有志が載せた完成済みマップを見れるから頼るのもアリだ。




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.