海外土産の新定番は『ポケモンGO』の地域限定ポケモン!? 46.5%の人が旅先でポケモンを捕まえた経験あり!



総合旅行プラットフォーム「エアトリ」が、「ポケモンGOと旅行」に関するアンケートを実施。旅先で『ポケモンGO』をプレイする人の内、実に46.5%が旅先でポケモンを捕まえた経験があると答えた。『ポケモンGO』をプレイするために旅行をする人が12.8%もいるという、驚愕の結果も明らかに!

グアムでサニーゴを3匹捕まえてお土産に。一番喜んでもらえました(50代女性)

[以下、リリースより]

総合旅行プラットフォーム「エアトリ」を運営する株式会社エアトリ(本社:東京都新宿区、代表取締役社⻑:吉村英毅以下エアトリ)は、10代〜70代の男女892名を対象に「ポケモンGOと旅行」に関するアンケートを実施しました。

調査背景

2016年にリリースされ社会現象を巻き起こしたスマホアプリゲーム『ポケモンGO』は、今でも人気健在です。

一部の地域や国でしか手に入らない限定ポケモンをゲットするため、旅行先で『ポケモンGO』をプレイした人も多いのではないでしょうか。

エアトリでは全国892人を対象に、「ポケモンGOと旅行」についてアンケート調査を行いました。

調査結果詳細

調査1:『ポケモンGO』を知っていますか?また、遊んだことはありますか?

「遊んだことがある」(53.4%)と、半数以上の人が『ポケモンGO』の利用経験があり、「知っているが遊んだことは無い」(41.4%)と合わせ、認知率は9割を超えました。

男女別で見ると、「遊んだことがある」(男性:47.3%女性:59.7%)と、男性に比べ女性の方が高い利用率であることが分かりました。

年代別では、30代以下で7割以上の人が、50代以下では5割以上の人が、『ポケモンGO』で遊んだことがあると回答しました。

また、70代でも「遊んだことがある」(13%)、「知っているが遊んだことは無い」(58%)と、認知率は7割を超え、『ポケモンGO』が幅広い世代に浸透していることが分かります。

調査2:旅行先で『ポケモンGO』を遊んだことはありますか?(遊んだことのある人)

遊んだことがある人のうち、12.8%が「ポケモンGOで遊ぶことを目的に旅行に行ったことがある」と回答し、「旅先で遊んだことがある」(74.4%)と合計すると、87.2%が旅行先で『ポケモンGO』を遊んだ経験があることが分かりました。(全体に対しては46.5%)

調査3:旅行先でポケモンGOを遊んだ理由

旅行先でポケモンGOを遊んだ理由について聞いたところ、

  • 捕まえた国名が残る。だから小さいポケモンでも博士に送りたくない(60代女性)
  • ポケストップやジムで集まるバッジの画像が、そのまま旅の思い出になる(30代女性)
  • 観光地にあるジムにポケモンを置くと、「凱旋門のジムリーダー」や「ビクトリアフォールズのジムリーダー」といった肩書きになり、良い思い出になる(20代女性)
  • ポケスポット巡りで、知らなかった史跡に気付くことがある(40代男性)

など、『ポケモンGO』が、旅行をより楽しむための手段となっていることが分かります。
ほかにも、

  • グアムでサニーゴを3匹捕まえてお土産に。一番喜んでもらえました(50代女性)
  • アメリカ旅行に行った時、3人からアメリカ大陸限定のケンタロスをお土産にと頼まれた(60代男性)
  • タイ チェンマイに行った時のお土産をフレンドに送ったところ、珍しいとと喜ばれました(50代女性)
  • 地域限定ポケモン(サニーゴ、バリヤード)を取って友人と交換、お土産にして喜ばれた(40代女性)

など、旅行先で捕まえたポケモンをお土産にしたという回答が多く寄せられ、『ポケモンGO』にトレード機能が実装されたことで、“地域限定ポケモン”が海外土産の新定番になっていることが分かりました。

調査4:『ポケモンGO』を遊ぶために“行ったことのある”旅行先を教えてください。

国内1位の「神奈川」、4位の「鳥取」、海外1位の「台湾」など、過去に『ポケモンGO』のリアルイベントが開催された地域が、上位にランクインしました。

調査5:今後、ポケモンGOで遊ぶために旅行に行きたいと思いますか?

「ポケモンGOで遊ぶために旅行に行きたいと思う」(17.5%)、「ポケモンGOで遊ぶためでは無いが旅行に行ったら遊ぶと思う」(73.6%)と、9割以上の人が今後も旅行先で『ポケモンGO』を遊ぶと回答しました。

調査6:『ポケモンGO』をどれくらいの頻度で遊んでいますか?(遊んだことのある人)

60%以上の人が「毎日遊んでいる」と回答し、「たまに遊ぶ」(15.1%)と合わせて、75%以上の人が継続して『ポケモンGO』で遊んでいることが分かりました。

年代別では、「毎日遊んでいる」が20代以下で38%、30代〜60代がそれぞれ60%以上、70代が50%と、中高年からシニアの比較的年齢層の高いユーザーの継続利用が目立つ結果となりました。

調査概要

  • 調査タイトル:「ポケモンGOと旅行」に関するアンケート調査
  • 調査対象:10代〜70代の男女892名
  • 調査期間:2018年10月23日〜10月28日
  • 調査方法:インターネット調査
  • 調査主体:株式会社エアトリ

※ポケモン・Pokémonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。
(C)2018 Niantic, Inc.
(C)2018 Pokémon.
(C)1995-2018 Nintendo / Creatures Inc. / GAME FREAK inc.




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.