NJホールディング、19年3月通期の営業益を5億円から3.5億円に下方修正 納品時期のずれや増床による原価増、開発遅延などで



NJホールディング、19年3月通期の営業益を5億円から3.5億円に下方修正 納品時期のずれや増床による原価増、開発遅延などでエヌジェイホールディングス<9421>は、11月13日、2019年3月通期の業績予想の下方修正を行った。修正した予想は、売上高を110億円から112億円’前期比前期比1.1%減)に引き上げたものの、利益予想については、営業利益を3億5000万円(前回予想5億円、同47.4%減)、経常利益を3億1000万円(同5億1000万円、同53.5%減)、最終利益を2億5000万円(同4億6000万円、同51.9%減)にそれぞれ引き下げた。従来予想からの修正率は、売上高が1.8%増、営業利益が30.0%減、経常利益が39.2%減、最終利益が45.7%減となる。 利益については、一部案件の納品が下期ずれ込むことによる上期減益分の下期での取り戻しについては、開発原価を要することや、増床による一時的な原価増加もあり上期の減益分はカバーしきれない見通しであること、また、開発の[...]

NJホールディング、19年3月通期の営業益を5億円から3.5億円に下方修正 納品時期のずれや増床による原価増、開発遅延などで is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.