ブランジスタ、『神の手』の有料モデルを年内いっぱいで休止 動画閲覧でプレイ可能な広告モデルのみに変更 18年9月期は2億3300万円の営業赤字に



ブランジスタ、『神の手』の有料モデルを年内いっぱいで休止 動画閲覧でプレイ可能な広告モデルのみに変更 18年9月期は2億3300万円の営業赤字にブランジスタ<6176>は、この日(11月14日)発表した決算で、スマホ向け3Dクレーンゲーム『神の手』について、2018年12月末日をもって有料モデルを休止し、アプリ内で動画広告を閲覧すると無料でプレイできる広告モデルのみで提供することを明らかにした。収益化については2019年9月期ではめどが立っていないという。『神の手』については、Appleより「バーチャルとリアルを融合させたサービスモデルが審査ガイドラインの3.1.1、3.1.5、5.2.3に適合せず、改善が必要である」との要請を受け、7月21日にApp Storeにおける新規ユーザーの受付やアップデートが一時停止されており、予定していた海外展開や特別企画が実施できない状況に追い込まれていた。【関連記事】・ブランジスタゲーム、『神の手』でApp Storeにおける新規ユーザーの受付やアップデートが一時停止となる可能性があ[...]

ブランジスタ、『神の手』の有料モデルを年内いっぱいで休止 動画閲覧でプレイ可能な広告モデルのみに変更 18年9月期は2億3300万円の営業赤字に is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.