【ゲーム株概況(11/16)】スマホ版『ラングリッサー』の英語版配信決定でエクストリームが後場急騰 マイネットは3日続伸で1500円台を回復



【ゲーム株概況(11/16)】スマホ版『ラングリッサー』の英語版配信決定でエクストリームが後場急騰 マイネットは3日続伸で1500円台を回復11月16日の東京株式市場では、日経平均株価は続落し、前日比123.28円安の2万1680.34円で取引を終えた。米国市場で半導体製造装置大手のアプライドマテリアルズが急落した流れを受けて、国内市場も半導体関連株に売りが先行した。そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、エクストリーム<6033>が後場引けにかけて急騰した。エクストリームは、中国の天津紫龍奇点互動娯楽によるスマートフォン版『ラングリッサー』の英語版の配信が2019年初頭に決定したことを明らかにしたことが株価の刺激材料となったようだ。また、前日に主力タイトルの『白猫プロジェクト』がミクシィ<2121>の『モンスターストライク』とのコラボを開催することを発表したコロプラ<3668>が買われ、マイネット<3928>も3日続伸して終値ベースで1500円台を回復した。半面、任天堂&l[...]

【ゲーム株概況(11/16)】スマホ版『ラングリッサー』の英語版配信決定でエクストリームが後場急騰 マイネットは3日続伸で1500円台を回復 is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.