【ゲーム株概況(11/19)】BOIが大幅高…好決算など材料焼き直しの動き 任天堂など大手ゲーム株の一角も買われる マイネットが4日ぶり小反落



【ゲーム株概況(11/19)】BOIが大幅高…好決算など材料焼き直しの動き 任天堂など大手ゲーム株の一角も買われる マイネットが4日ぶり小反落11月19日の東京株式市場では、日経平均株価は3営業日ぶりの反発となり、前日比140.82円高の2万1821.16円で取引を終えた。米中貿易摩擦の緩和への期待間から朝方から買いが先行した。そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、買い優勢の展開の中で、バンク・オブ・イノベーション<4393>やアエリア<3758>、Aiming<3911>などが高い。また、任天堂<7974>やセガサミーHD<7974>など大手ゲーム株の一角も買われた。Aimingは、大引け後に開発・運営を担当する『戦国大河』(配信はバンダイナムコオンライン)の正式サービス開始予定日が11月21日に決定したことが発表されており、明日の株価動向も注目されるところだ。半面、マイネット<3928>が4日ぶりに小反落したほか、コロプラ<3668>や[...]

【ゲーム株概況(11/19)】BOIが大幅高…好決算など材料焼き直しの動き 任天堂など大手ゲーム株の一角も買われる マイネットが4日ぶり小反落 is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.