ディライトワークス子会社の決算公告…ミラクルポジティブが585万円の最終損失、IZM designworksが1300万円の最終利益



ディライトワークス子会社の決算公告…ミラクルポジティブが585万円の最終損失、IZM designworksが1300万円の最終利益ディライトワークス子会社の決算公告が本日(11月22日)付の「官報」に掲載された。ミラクルポジティブの第9期(2018年7月期)の決算公告を掲載し、最終損益は585万円の赤字だった。同社は、2010年5月に設立されたオンラインゲームの開発会社で、2016年8月にディライトワークスの子会社となっている。 また、IZM designworksの第2期(2018年7月期)の最終利益は1300万円だった。ディライトワークスのアートデザインを統括するクリエイティブオフィサーの直良有祐氏が代表を務めている。 [...]

ディライトワークス子会社の決算公告…ミラクルポジティブが585万円の最終損失、IZM designworksが1300万円の最終利益 is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.