マイクロソフト、AIを活用したスポーツ写真の人物特定機能を実現 プロ野球選手の写真を自動タグ付け 4時間かかる作業負担を大幅に軽減



マイクロソフト、AIを活用したスポーツ写真の人物特定機能を実現 プロ野球選手の写真を自動タグ付け 4時間かかる作業負担を大幅に軽減日本マイクロソフトは、11月26日、富士フイルムイメージングシステムズが提供する大容量コンテンツの共有および管理サービス「IMAGE WORKS」で、AIを活用したスポーツ写真の人物特定機能を実現したことを明らかにした。この機能は、日本野球機構(NPB)が管理・管理運営するNPB CIC(Contents Images Center)上へプロ野球の試合写真に写っている選手について、AIを活用して画像に選手名を自動でタグ付けする「選手名情報自動タグ付け機能」として実装した。2018年6月より広島東洋カープをはじめとする5球団で試用を開始しており、2019年にはNPB CICを導入している全球団が利用する予定だ。今回の写真解析には、学習済みAIであるMicrosoft Cognitive ServicesおよびディープラーニングフレームワークであるMicrosoft Cognitive Too[...]

マイクロソフト、AIを活用したスポーツ写真の人物特定機能を実現 プロ野球選手の写真を自動タグ付け 4時間かかる作業負担を大幅に軽減 is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.