ファンコミ、スマホ向け運用型アドネットワーク「nend」がアドフラウド対策チーム「SBL MEMBERS」に参画



ファンコミ、スマホ向け運用型アドネットワーク「nend」がアドフラウド対策チーム「SBL MEMBERS」に参画ファンコミュニケーションズ<2461>は、スマートフォン向け運用型アドネットワーク「nend(ネンド)」は、2018年12月にPhybbitが提供する「SHARED BLACKLIST」(シェアードブラックリスト、以下「SBL」)に賛同し「SBL MEMBERS」に参画した。「SBL」とはPhybbit提供のapp・web向けアドフラウド対策サービス「SpiderAF」を利用する広告配信事業者間でアドフラウドの情報を共有できるブラックリストを指す。これによりアドフラウドの未然の防止、広告業界の健全化の促進を目指す。「nend」もこの日本初の新しい取り組みに賛同し、アドフラウド対策チーム「SBL MEMBERS」の一員としてアドフラウド撲滅に立ち向かう。これまでも「nend」では、「SpiderAF」の利用や専属チームによる審査などを行い、アドフラウド対策に注力してきたが、今回の[...]

ファンコミ、スマホ向け運用型アドネットワーク「nend」がアドフラウド対策チーム「SBL MEMBERS」に参画 is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.