【ゲーム株概況(12/14)】軟地合い下でアカツキが堅調 「Mizuchi」の住宅プレゼンシステム採用でシリコンスタジオが高い KLabは4ケタ大台割れ



【ゲーム株概況(12/14)】軟地合い下でアカツキが堅調 「Mizuchi」の住宅プレゼンシステム採用でシリコンスタジオが高い KLabは4ケタ大台割れ12月14日の東京株式市場では、日経平均株価は3日ぶりの反落となり、前日比441.36円安の2万1374.83円で取引を終えた。米国の先物市場の下落や中国の経済指標の悪化が市場の警戒感につながり、朝方から売り物が先行した。そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、全体に軟調な推移が目立つ中で、アカツキ<3932>がしっかりとした推移となったほか、カヤック<3904>やエクストリーム<6033>などがプラス圏での着地となった。また、周辺株では、シリコンスタジオ<3907>が上げ幅を拡大して4日続伸した。シリコンスタジオは、レンダリングエンジン「Mizuchi(ミズチ)」が住友林業<1911>の3次元住宅プレゼンテーションシステムに採用されたことを発表したことが市場から好感されたようだ。半面、KLab<3656>が終値ベ[...]

【ゲーム株概況(12/14)】軟地合い下でアカツキが堅調 「Mizuchi」の住宅プレゼンシステム採用でシリコンスタジオが高い KLabは4ケタ大台割れ is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.