にゃんこ大戦争【攻略】: 月曜暴風ステージ「紅のカタストロフ」をお手軽編成で攻略



暴風ステージ「紅のカタストロフ」では、「レッドサイクロン」がボスとして登場する。赤い敵を妨害できるキャラクターを編成して、「ネコと宇宙」をゲットしよう!この記事では、レアキャラクターまでの編成に抑えた、比較的お手軽な編成での攻略を紹介していこう。

  1. 攻略パーティー紹介
  2. 「進撃の赤渦 激ムズ」解説

「赤い敵」「浮いてる敵」を妨害できるキャラクターを編成しよう

毎週開催され、曜日に応じたサイクロンが登場する暴風ステージ。

月曜日開催の「紅のカタストロフ」では、バリアを貫通できる「ネコと宇宙」が確率でドロップする。

難易度は激ムズ。妨害キャラクターさえいれば比較的クリアは容易いので、一度挑戦してみよう

「スター・エイリアン」の特殊能力「バリア」を貫通できるため、宇宙編で活躍してくれる。クリティカル持ちでもあるので、「メタルな敵」へも有効だ

攻略パーティー紹介

徐々に迫るサイクロン系のボスをどう妨害するかが重要となる暴風ステージ。

「レッドサイクロン」は、「赤い敵」かつ「浮いてる敵」なので、これらを妨害できるキャラクターが効果的だ。

このステージはザコ敵がほとんど赤い敵であるため、特に赤い敵を妨害できるキャラクターを優先して編成していこう。

編成(名前は左から右の順番)

  • 1ページ目:狂乱のネコビルダー、狂乱のネコカベ、暗黒ネコ、ネコジェンヌ、狂乱のネコUFO
  • 2ページ目:ネコふんど師、ニャーコック船長、ネコマージョ、狂乱のネコムート、タマとウルルン
  • にゃんコンボ:なし
  • アイテム:なし
  • 壁役:狂乱のネコビルダー、狂乱のネコカベ、暗黒ネコ
  • ボス妨害役:ネコふんど師、ニャーコック船長、ネコマージョ、タマとウルルン
  • 範囲攻撃:ネコジェンヌ、狂乱のネコUFO、狂乱のネコムート

※育成状況

  • 「日本編1~3章のお宝コンプ済み」
  • 「未来編1~3章のお宝コンプ済み」
  • 「基本キャラ+値20(平均)」

激レア以上の妨害キャラクターがいるのがベストだが、レアキャラクターでも数を増やせば問題なく活躍してくれる。

特に相手をふっとばせる特殊能力は、相手の進撃を抑えることもできるため、攻防どちらでも役立つはずだ。

対赤い敵なら「ねこ海賊」「ネコ魔女」、対浮いてる敵なら「ねこ占い師」「ネコシャーマン」などが候補。持っていないか探してみよう

また、ザコ敵の数が多いため、範囲攻撃キャラクターがほしい。

比較的入手しやすいところでいうと、遠距離攻撃でもある「ネコジェンヌ」や、攻撃速度が速い「狂乱のネコUFO」、相手をふっとばすこともできる「タマとウルルン」がおすすめ。

必須ではないが、いると安定感が増すだろう。

「進撃の赤渦 激ムズ」 (消費統率力 200)

強敵の紹介

レッドサイクロン:サイクロン系の赤い敵バージョン。射程は短いが、高い攻撃力の範囲攻撃を繰り返し、近づくものを確実に倒しながら徐々に前進してくる。

この進撃を止められないとジリ貧になってしまうため、動きを止めたり、ふっとばしたりする妨害役が攻略には欠かせない。必ず編成して挑もう。

なお、赤い敵・浮いてる敵と2つの属性を持っているため、弱点は突きやすい。妨害さえできれば遠距離から攻撃し続けられる相手でもあるので、前線に妨害役を複数配置するように立ち回っていこう。

序盤:働きネコのレベルとお金を最大までためる

序盤はたくさんの赤い敵が押し寄せる。まずはこれらを倒しながら、働きネコとお金を最大までためてしまおう。

敵の1体1体はそれほど強くはないものの、「赤羅我王」が4体現れるなど、けっこうな数が登場する。

壁役を供給しつつ、ネコジェンヌなどの範囲攻撃キャラクターを複数配置して、自拠点まで押し込まれないように注意しよう。

中盤:妨害役を生産しながら敵拠点をたたく

敵の第一波を倒したら、ネコジェンヌなどの範囲攻撃キャラクターを生産しつつ、敵拠点へと攻め込んでいく。

拠点をたたくと同時にレッドサイクロンが現れるので、前線にはあらかじめ妨害役が複数いる状態にしておきたい。

妨害役は、攻め込む段階から、絶えず生産し続けて問題ないだろう。

終盤:壁役よりも攻撃役・妨害役の生産を優先しよう

レッドサイクロンが登場したら、「狂乱のネコムート」や「タマとウルルン」を生産。あとは妨害しながら、少しずつボスにダメージを与えていくことになる。

ザコ敵も結構な数登場するため、これらを処理できていればお金には困らない。範囲攻撃キャラクターも常に投入し続けて問題ないだろう。

妨害役が前線に複数いれば、多少押し込まれても押し返せる。ボスを敵拠点に釘付けにしながら、攻撃主体で一気に片を付けてしまおう。

ただし、一方的に攻撃するとこちらの生産数が限界に達する可能性も高い。壁役はそれほど必要ないので、ボス登場後からは、攻撃役や妨害役の生産を優先していこう。

妨害役さえいれば、攻撃役はある程度どんなキャラクターでも問題ない。日本編3章を終えたくらいのプレイヤーでもクリアできる可能性はあるので、一度挑戦してみてほしい

(C)PONOS Corp.




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.