【CEDEC+KYUSHU 2018】ゲーム音楽業界を活性化させるための著作権活用法…ノイジークローク坂本氏が「委嘱」システムを解説



【CEDEC+KYUSHU 2018】ゲーム音楽業界を活性化させるための著作権活用法…ノイジークローク坂本氏が「委嘱」システムを解説 CEDEC+KYUSHU 2018実行委員会は、12月1日、九州産業大学1号館(福岡市)にて、ゲーム開発者向けカンファレンス「CEDEC+KYUSHU 2018」を開催した。 本稿では、当日に実施されたセッション「ゲーム音楽が作り出すゲームビジネスの新たな可能性」のレポートをお届けしていく。 こちらのセッションには、ノイジークロークの代表取締役CEOで作曲家の坂本英城氏が登壇。ゲーム音楽をゲームプロモーションの一環として運用や活用をしていく効果的な方法について紹介した。 ▲ノイジークロークの坂本英城氏。坂本氏は、作曲・編曲・レコーディング・ディレクション・プロモーションなど、楽曲完成の最後まで自身が携わることをポリシーとしているとのこと。 本講演では、坂本氏のこれまでの経験から、ゲーム音楽をどのように利用すればユーザーや企業、作曲家自身が[...]

【CEDEC+KYUSHU 2018】ゲーム音楽業界を活性化させるための著作権活用法…ノイジークローク坂本氏が「委嘱」システムを解説 is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.