CyberZ、2018年9月期は4億1700万円の最終赤字…eSports大会やOPENREC関連の先行投資



CyberZ、2018年9月期は4億1700万円の最終赤字…eSports大会やOPENREC関連の先行投資サイバーエージェント<4751>子会社のCyberZは、この日(12月17日)の『官報』に第10期(2018年9月期)の決算公告を掲載し、最終損益は4億1700万円の赤字で、前の期の7600万円の赤字から赤字幅が拡大した。同社は、スマホ広告向け効果測定ツール「F.O.X」など広告事業を展開するとともに、eSPORTS大会「RAGE」とゲーム動画配信プラットフォーム「OPENREC.tv」の運営を行っている。親会社のサイバーエージェントはeSPORTS分野の強化を図っていく方針を明かしており、大会開催や番組制作などに関連する先行投資費用が発生しているものとみられる。 [...]

CyberZ、2018年9月期は4億1700万円の最終赤字…eSports大会やOPENREC関連の先行投資 is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.