【あおガルシナリオ集】現世(エイドス)サイド:第16章「最初の条件」




2019年1月31日にサービス終了を迎えるスクウェア・エニックスのアイドルゲーム『青空アンダーガールズ! Re:vengerS(リベンジャーズ)』のシナリオ集をお届けします。

この記事では、現世(エイドス)サイド:第16章「最初の条件」を紹介します。

目次
現世(エイドス)サイド:第16章「最初の条件」第1話「ほーむせんたーかぷりっちお」
現世(エイドス)サイド:第16章「最初の条件」第2話「白拍子美雪の事件簿」
現世(エイドス)サイド:第16章「最初の条件」第3話「文明逆行アイドルロォド」
現世(エイドス)サイド:第16章「最初の条件」第4話「試練の道(ゴム製)」
現世(エイドス)サイド:第16章「最初の条件」第5話「戦うことと見つけたり」
現世(エイドス)サイド:第16章「最初の条件」第6話「仲良きことは美しきかな?」
現世(エイドス)サイド:第16章「最初の条件」第7話「トップアイドルへの道」
現世(エイドス)サイド:第16章「最初の条件」第8話「敗北からのスタートライン」
現世(エイドス)サイド:第16章「最初の条件」第9話「ないものねだり」
現世(エイドス)サイド:第16章「最初の条件」第10話「届く、声のカタチ」
現世(エイドス)サイド:第16章「最初の条件」第11話「はじめての見守り隊」

現世(エイドス)サイド:第16章「最初の条件」第1話「ほーむせんたーかぷりっちお」

ーー廊下

●美雪
プロデューサー様。ちょうど良いところに。

●プロデューサー
どうかしたの?

●美雪
ほーむせんたー? という場所に行きたいのですが、
どうすれば良いものかと思いまして。


合宿の準備に必要なものがあるのです。

もしご存じなければ構いませんわ。

●プロデューサー
知ってるよ。

●茜
なになに、ホムセン行くの?

●美雪
茜さん、こんにちは。ほーむせんたー、ご存じですか?

●茜
とーっぜん。てか知らないってお嬢様すぎでしょ……。

あーアカネもそういうのが良かったな~。
1回でいいからお嬢様生活やってみた~い。

●美雪
……よく分かりませんが、それほどいいものでもないと思うのですが。

●茜
ま、いいや。ホームセンターね。
アカネが案内してあげるよ☆

●美雪
本当ですか!?
茜さん、なんて親切なのでしょう……!

●茜
あったりまえじゃん!
アカネは優しい女の子だもん!

それじゃ、プロデューサー。
美雪のことは任せて!

●美雪
はい。よろしくお願いいたしますわ。

●プロデューサー
大丈夫?

●茜
そこはドーンと信用してくれないと!
それとも、アカネ、信用できないかな……?


●美雪
うふふっ、私、茜さんから離れないから大丈夫です。

それでは、失礼いたしますね、プロデューサー様。

目次へ戻る

現世(エイドス)サイド:第16章「最初の条件」第2話「白拍子美雪の事件簿」

ーー校門前

●茜
行くと言っても、歩きでは行けないんだけどね~。

●美雪
この近くではないのですか?

●茜
うーん、歩いていけなくはないけど、
ちょっと遠いし、歩道が狭い道とかあるからね。

●美雪
それは……困りました。
あまり遅くなるわけにもいきませんし……。

●茜
ていうか、ホムセンで何を買う気?

●美雪
はい。鉈を買おうと思っていまして。

●茜
は? なた?
……ごめん。アカネの頭の中で、うまく文字が変換できない。


●美雪
鉈、ですわ。木を切るのに使うのです。

●茜
……あっ、鉈! なーるほど!

って、なんでよ!? 鉈なんかどうするのよ!?

●美雪
希に勧められた本に書いてありました。
山ごもりで生き延びるなら、最強アイテムは鉈だと。

●茜
えーっと順番に突っ込むと、山に籠もるわけではないし、
その本偏りすぎだし、鉈は便利だけど最強ではないと思う。

●美雪
なんですか?
希が勧めてくれた本が間違っているとおっしゃるのですか?

●茜
間違ってないかも知れないけど、それって極めて特殊で
限定された環境での話だと思うよ!?

だいたい、寝泊まりは校舎だから木を切り出して
小屋を造る必要もないし、野生生物に襲われることもないし、
もっていっても使いどころがないっての。

●美雪
……そうなのですか?

●茜
そうよ。……やっと分かったの?

●美雪
で、ですが、それでは困ります。
希に勧められた本を、無駄にするわけにはいきませんから……。


●茜
そう言われてもさぁ……。

●美雪
……あ、そうですわ!

●茜
何?

●美雪
山の中で真価が発揮できないのでしたら、
寝泊まりする施設内で、鉈の有用性を証明すれば……!

●茜
そうね。鉈を持って施設内を徘徊する美雪が目撃された瞬間から、
間違いなく合宿どころではなくなるから絶対にやめてよね。

目次へ戻る

現世(エイドス)サイド:第16章「最初の条件」第3話「文明逆行アイドルロォド」

ーーレッスン場

●琴音
……いよいよ合宿が始まりますね。

●ひなた
うん。恐いけど……
でもやっぱり、ちょっとはわくわくしてるかも♪

●悠
くるみ、ちゃんと着替えとか持ってきた?

●くるみ
はいです! 昨日寝る前に何度も確認したから大丈夫ですよー!

●麗華
美雪、合宿はサバイバルじゃないのよ。
だから安心して。

●美雪
ああ、よかったですわ……。

●麗華
その本は、山の中で何が起こるかわからないから
読んでいただけよね?

●美雪
そうですわね……。
でももう少し早く分かっていたら、この『でんのこ』というものを
『ねっとつうはん』なるもので、買ってもらわなくて済んだのですが……。

●麗華
で、でんのこ……?

●麗華
電動ノコギリ!?


――ギュィィィン!

●寧々
晴海さん……ものすごい荷物……。

●晴海
だって……クマと滝に注意しろって言われたんだもん。

●寧々
く、クマ!?

●セリア
……クマ、滝……閃いたでありんす!

●佳奈恵
セリアは合宿中、
アタシの目の届くところ以外行かせないから。

●セリア
ええっ!? そんなっ!

●楓李
ふふん。その点うちは万全や。
ちゃんと迷子にならんように、地図を持ってきたんやで。……ほら。

●彩
楓李……。それ、世界地図……。


●佳奈恵
楓李も、アタシから離れるの禁止ね。

●萌
……プロデューサー。私、そこはかとなくどころか、
がっつりお腹いっぱい不安なんですが、大丈夫でしょうか……?

ーー選択肢1
●プロデューサー
大丈夫。

●萌
ま、まあプロデューサーがそう言うなら……。
……何かあったら、責任とるのはプロデューサーですし……。

●プロデューサー
え?

ーー選択肢2
●プロデューサー
多分……。

●萌
ま、まあプロデューサーがそう言うなら……。
……何かあったら、責任とるのはプロデューサーですし……。

●プロデューサー
え?

●萌
さ、さあ! そろそろ始めましょうか!

私も、私にできることを精一杯手伝わせてもらいますね!

目次へ戻る

現世(エイドス)サイド:第16章「最初の条件」第4話「試練の道(ゴム製)」

ーー山

●楓李
……なあ、彩はん。

●彩
何?

●楓李
タイヤって、楽するために生まれたもんやろ?
車でブーンって……。


●彩
そうね。

●楓李
なんで山の中でうちらタイヤ引っ張っとるん……?
自然の中やと文明って逆行するんやったっけ?

●彩
そうね。

●楓李
……彩はん?

●彩
そう……ね。
タイヤは、空を飛ぶもの。

●楓李
へ?

●彩
なのにこうして、無様に地面をはいずり回る、
下水道の中から悪臭のようなうめき声が、
私のビブラートをふるわせて……。

●楓李
あー、こらあかんわ。
セリアはーん、彩はんが……。

●セリア
あちきは一陣の風になる……。
ゆえに忘れないでくれでありんす。

●楓李
……佳奈恵はん?

●佳奈恵
……もう、アタシ……ムリ……かも……。

●楓李
うそやん、『Remuage』全滅やん……。

●萌
はいはい、ファイト、ファイト。

●茜
もう一歩も動かないんだから!

●萌
ほら、ペアの瑠璃花さん、応援を。

●瑠璃花
脱落の自由を主張する……。

●瑠璃花
そもそもこんなのできたってアイドルに関係あるの……?


●茜
そうだそうだー!

●楓李
せやせや、ええこというでー、なー?

●彩
そうね。

●楓李
はよ、諦めたいわあ……。

●佳奈恵
……というか、楓李、意外と……
体力、ある……じゃん。

●楓李
ああ、タイヤ引くヒモをな?
佳奈恵はんと彩はんとセリアはんの
タイヤに繋げといたから少し楽やねん。

●佳奈恵
なる……ほど。

……あん?

●セリア
フ・ウ・リ……っ!

●彩
何やってんのよバカァ!

●楓李
麗華はんが上手にやれば疲れないって言ってたで。

●セリア
なるほど、その手が!

●萌
楓李さんはペナルティで、坂道の往復を5回追加ですね。

●楓李
なん……やって!?

●琴音
ふぅ……ふぅ……。

●寧々
はひ……はひ……。

●楓李
あー、なんでみんなそんながんばっとるんやろ。
琴音はんも寧々はんも、もうグチャグチャやん。

●琴音
……あはは、でも……。

●寧々
がんばらなくちゃって……ゲホッ。

●楓李
せやろか……?

●琴音
麗華さんとか、『GE:NESiS』メンバーは、平気そうですし……。

●寧々
わ、私、も……がん、ばって……追いつかない……と。

●琴音
では……先行ってます。

●寧々
うぅ……足、痛い、よぉ……。

●楓李
…………。

●彩
……あれ? なんか少し軽く……。

●佳奈恵
ほんとだ。

●楓李
あー、ダメやしんどいわ。
本当、なんでまたこんなことせなあかんのやろ……。

●彩
楓李……。

●佳奈恵
楓李が前に出たことで、みんなのタイヤがひっぱられて……。

●セリア
……『Remuage』は一連托生でありんすなぁ……。

●佳奈恵
今更やる気出すとか、遅いんだけど。

●楓李
……あー、やっぱあかん、わ。
そんな体力ないねん、うち。


●セリア
いっせいのーで、引っ張るでありんすよ。

●彩
全員つながってるなら、その方が楽ね。

●佳奈恵
いくぞ、せーのっ!

●楓李
……せっ!

目次へ戻る

現世(エイドス)サイド:第16章「最初の条件」第5話「戦うことと見つけたり」

ーーレッスン場

●更菜
……合宿、上手くいってるのかな。

●麗華
いきなりどうしたの? 更菜。

●更菜
いえ……当たり前なんだけど
ハードスケジュールだし……。

●茜
アカネも筋肉痛酷いんだから、
着替えはがんばってやろーよー。

●瑠璃花
ムリ……もぅ、クリックする余裕もない……。

●セリア
今夜予定されていた枕投げは中止でありんす……。


●楓李
マイマクラなんて、なんでもってきたんやろな。
荷物が重くなるだけやん……。

●くるみ
ふにゅぅ……くぅ……んにゃ。

●麻里紗
くるみちゃん。寝るのはお布団の上でね。

●更菜
疲れ切ってしまってて……明日も合宿が続くのに。

●麗華
そうね、特に初日はまだ慣れてないからキツイと思うわ。

●ひなた
……すぅ。

●和歌
ひなたっ! 歯磨き口に入ったままだからっ、
ぺっしなさいっ、ぺっ!

●愛美
歯磨き粉のせいで泡吹いて倒れたようにしか見えないわね。

●千尋
カニみたいになってるねぇ。ちょっと美味しそう。


●琴音
食べちゃダメですよ……。

●更菜
いきなり限界がきてるんじゃないかな、と。

●麗華
そうかしら……?
私は、初日にしては上々だと思っているのだけど。

●更菜
明日からストライキとか、
脱走とかでそうで不安なんだけど……。

●麗華
それはわからないけれど……。
あそこを見て。

●希
へぇ……つまり何が言いたいのかな?

●悠
希先輩、確かにスゴイですけど。
でも終わった後、倒れちゃうのは体力的に大丈夫ですか?

●希
レッスンで全力を尽くすのは間違いじゃないと思うけど?

●悠
いえー、さっき晴海先輩と
僅差で勝ったって言ってましたけど。

晴海先輩はセンターで、終わった後くるみの世話やら。
ミーティングにまで出席する余裕がありましたから。

●希
つ・ま・り?

●悠
晴海先輩が、レッスンで全力を尽くしてたなら。
希先輩には勝ってたんじゃないかなぁって。

●希
あ、そーね、そーかもしれないわねえ。

●悠
それに自分も希先輩には勝ってましたし。

そう簡単に『GE:NESiS』が
『銀河歌劇団』に勝ったとか言えないかなとか。

●希
あはは、成績が全てでしょ。
ちゃんと数字で、総合トップはうち、って
でてるんだから。

●悠
いやぁ、明日はわかりませんよ。
初日は怪我しないように体力を温存しろって、
麻里紗先輩に自分らは言われてますし。


●希
あら、そーなの。

●悠
ええ、そうなんです。

●希
……明日、楽しみじゃない。

●悠
胸をお借りしますよ、先輩。

●寧々
希さん、悠くん、その……。
お互いの健闘を讃えあって、仲良く……。

●希
仲良いわよ、ねえ?

●悠
……つーん。

●寧々
ゆ、悠くん。希さんも悪気があって、
晴海さんに勝ったと言ったわけでは……。

●希
事実だもん、つーん。

●寧々
ああ……どうしましょう……。

●更菜
…………。

●麗華
それにあそこも。

●ひなた
あはは、晴海ちゃんヤダもー。

●晴海
あはは、ひなたちゃんこそ、ふふふ。

●ひなた
明日は勝つから。

●晴海
うちはエースの悠ちゃんがいるから、難しいんじゃないかしら。

●ひなた
愛美ちゃんが明日から参戦するもん。
初日はコーチ役兼任してたからノーカンとかずるいよ。

●晴海
あら、じゃー、楽しみねー。

●麗華
いい兆候だと思わない?

●更菜
え、このギスギスが!?

●麗華
それは表面的なことよ。
……思ったよりも早く変化が訪れたから嬉しいわ。

きっとああいうところから一番伸びるわよ。

目次へ戻る

現世(エイドス)サイド:第16章「最初の条件」第6話「仲良きことは美しきかな?」

ーーレッスン場

●希
ぐ、ぐぬぬぬぬぬっ!

●悠
いやー、惜しかったですね~!
もうちょっとで、希先輩の勝ちでしたよ!

●悠
やっぱり晴海先輩はスゴイです!

●希
で、でも……。
ユニットとしての成績では勝ってるもの。

●悠
いやー、つまり晴海先輩と自分は
かなりいい感じってことですよね?

水準の高いユニットと同レベルの記録なんですから!

●希
ぐぬぬぬぬぬぬ!!

●理子
の、希……落ち着け。
悠も悪気があって言っているわけでは……。


●希
し、知ってるわよ、そんなこと。

●悠
尊敬する先輩たちと並びたてて光栄です!

●更菜
ああああ、いいの麗華!?
あんな感じで……!?

●麗華
そうね、いい感じよ。

●希
悠!

●悠
はい、希先輩!

●更菜
ああっ、ちょっ! 喧嘩は……!

●希
体力余ってそうじゃない、
ちょっとジョギングつきあわない?

●悠
おともします!

●更菜
……え? どういうこと……?

●麗華
ふふっ。

●晴海
……私ももうちょっと走ってこようかしら。

●麻里紗
晴海、無理してない?
今日結構気合入れて走ってたじゃない。

●晴海
悠ちゃんの期待の目が……。

●くるみ
くるみは走るのムリですけど、
ジュースもっていってあげるですかねー。

●ひなた
愛美ちゃーん!

●愛美
ええいっ、離れなさい!

●ひなた
愛してるよー、やっぱりスゴイね!
総合成績ぐっと上がったよ!

●琴音
努力の結晶ですよね!

●愛美
というか、アンタたちがたるんでるのよ!
ほら、ウォーキングでもいいから、付き合いなさい。
抱きつく元気あるぐらいなら!

●ひなた
うっ、でも筋肉痛がね、ひどくて!

●愛美
甘えるな!
千尋、ストレッチにつきあってやりなさい!


●千尋
はーい!

●和歌
……ひなたは成績上がって嬉しい?

●ひなた
うん! 『Twinkle☆Star』のみんなはスゴイってわかるじゃん!

●和歌
うんうん!
……それじゃ、ちょっと走ってこようかしら。

●愛美
アンタはまた分かりやすいわね……。

●更菜
スゴイ、なんだかみんなイキイキしてる……。

●楓李
ちょっと散歩行ってくるわ~。

●セリア
うぃ! ワタシもニンジャ的修行を……!

●佳奈恵
はいはい、アンタらはアタシと一緒に彩の自主トレつきあうよ~。

●彩
ええっ!? 

●佳奈恵
『Remuage』はダンスユニットなんだからさ。
彩と一緒にとにかくレッスンした方がいいでしょ?

●彩
佳奈恵……。

……け、結構ハードだと思うけど。

●楓李
えええ~!?

●佳奈恵
安心して。セリアと楓李が動けないくらいでいい。
……夜アタシが安心して寝たいからさ。

●セリア
ワ、ワタシは夜ちゃんと寝てたデスよ!?

●佳奈恵
……ま、それに。
合宿中一回くらい最下位脱出したいし。

●麗華
この学プロは、仲間意識が強い、いいユニットしかいないわ。
だけど、今まで競争意欲に欠けていたと思う。

●更菜
競争意欲……。

●麗華
……それが敗北したことで生まれたのね。

きっといい学プロになる、そう思わない? プロデューサー。

●プロデューサー
だけど……。

●麗華
わかってるわ。

●茜
なんだか、みんな自主トレ行ってる?
アカネ、ちょっと信じられない……。


●瑠璃花
今日こそネットサーフィンを再開……!

●麗華
こういうのも個性で尊重したいのだけど、
そうは言ってられないから……2人とも、恨まないでよね。

●茜
え、ちょっ、何その重り!?

●瑠璃花
と、特別扱い反対……!

●麗華
2人のための特別メニューよ。

……安心して、2人を怠け者のままでも上達させてあげるわ。

●茜&瑠璃花
きゃああああああっ!

目次へ戻る

現世(エイドス)サイド:第16章「最初の条件」第7話「トップアイドルへの道」

ーー運動場

●萌
……あー……ねっむぃ……。

……って、プロデューサー?

●プロデューサー
おはよう。

●萌
あ! 失礼しました。
おはようございます。

●プロデューサー
どうしたの?

●萌
ちょっと目が覚めてしまいまして。

合宿最後の日ですからね。
ちゃんと私は、彼女たちをサポートできたでしょうか。


●プロデューサー
大丈夫だよ。

●萌
そう……ですかね。
ちゃんと、敗者復活戦でみんなが勝利できるといいんですが。

それよりプロデューサーはいつもこんな早起きなんですか?
朝練の子達もまだ起きてないんじゃ……。

●プロデューサー
そうでもないよ。

●萌
え、誰が……あ。

●ひなた
おっはよー、ございます!
プロデューサー! 萌ちゃん!

●萌
あなた、こんな早く……。

●ひなた
えへへ、あたしがいちばんしっかりしなきゃいけないから。

いちばんダメなのも、あたしだからね!

●プロデューサー
無理はしないように。

●ひなた
はーい!

●萌
……正直意外です、どうしてそんなに頑張れるんですか?

もちろん、あなたのやる気を疑ってるわけではないのですが……。

●ひなた
うーん、あのね。
他の人に負けたくないって、思ったんだ。

●萌
……それこそ意外ですね。

●ひなた
うん、あたしもちょっと驚いてるんだけど……。

毎日頑張って、成長して……。
でもやっぱり周りはもっとスゴイんだけど。

前まではね、ただ……感心してたんだけど。

なんでだろ……あたしも負けたくないなって。
だんだん合宿で思えてきて……。

みんなが、ずっと比べられてるのに。
楽しそうだからかな……。


●プロデューサー
競い合うのは、辛いことだけじゃない。

●ひなた
うん。

……うん、そうだね。

合宿、やってよかったよ。

一番を目指すって、こんな形もあるんだね、プロデューサー。

お互いを尊敬しあって、高め合う。

そんなトップへの道が……あるのかもって思えたから。

●プロデューサー
最後の一日を頑張ろう!

●萌
誠意一杯サポートしますね。

●ひなた
うん! ……今日も楽しく過ごせたらいいよね!

目次へ戻る

現世(エイドス)サイド:第16章「最初の条件」第8話「敗北からのスタートライン」

ーーレッスン場

●ひなた
合宿お疲れ様でしたー!

●麗華
お疲れさま。実りの多い時間だったわね。

●茜
……もう二度とやりたくないよ……。

●晴海
あはは……茜ちゃんと瑠璃花ちゃんは一番しごかれてたものね。


●セリア
いえーい!
では早速合宿お疲れ様パーティーの催しものでありんす!

●悠
催しもの……? 何するんですか、セリア先輩?

●セリア
ふっふっふっ、お命チョーダイ! マクラ手裏剣!

●悠
ぶふぉっ!?

●セリア
ダイショーリ! 油断大敵! 諸行無常!

●楓李
マクラぎょうさん借りてきたで~

●愛美
いや、あんたら、何やろうとしてるのよ。

●セリア
フハハハ! 合宿ではマクラ投げができなかったデスから!
お疲れ様会でリベンジでありんす!!
くらえっ、先手ひっしょ——!

●晴海
わっ! 

●くるみ
ぎゃふっ!

●麻里紗
おっとっと……。

●寧々
ひぅっ!

●セリア
『銀河歌劇団』、敗れたーり!
ファースト必勝、ショギョー・イズ・ナッシング!

●悠
…………。

●セリア
はっはっは! 合宿通算成績ではドベでしたが!
『Remuage』がマクラ投げ大会は優勝するでありんす——!

次はどこのユニット……

●悠
オラァァァァァ!!!!

●セリア
って、ぬぁっー!?

●ひなた
あわわ、と、止めた方がいいかな?

●愛美
自業自得でしょ。

●琴音
枕でポカポカ殴りあってるだけですから。
ほら、理子さんも参加しようとしてますよ。

●千尋
私も参加しようかなぁ~。

●和歌
息抜きにはいいんじゃない?
合宿でみんな、フラストレーションたまったでしょうし。

●ひなた
け、喧嘩じゃなきゃ……いいんだけど。

うん、それだけ仲良くなれたってことだよね。

合宿やってよかったよ……『Twinkle☆Star』のみんなもお疲れ様。


●愛美
そうね……疲れたわ……。

●琴音
愛美さん、裏方までこなしてましたもんね。

●千尋
ケーキ、今度食べに行きましょうね!

●愛美
はいはい……ま、必要なことだったからよ。
まあこれで、なんとか最低ラインまではいけたかしら。

●ひなた
最低ライン……? みんなの実力も上がって、
ベストな結果だったと……思ってたんだけど。

●愛美
ああ、合宿はベストな結果だったと思うわ。
そうじゃなくて、それでもここが最低ラインってことなのよ。


●ひなた
……どういうこと?

●琴音
実力がそろっても……この学プロは大きな問題を抱えてます。

●ひなた
そう、なの?

●千尋
大変……やっと安心して
ご飯が食べれると思ってたのに……。

●琴音
わかりきったことなんですけどね……。

●愛美
知名度よ。
どんなに実力があっても、無名じゃ見てもらえないから。

●ひなた
……あ。

●愛美
ライブを見てもらうってハードルを越えるために……
なんとかしなきゃね。

はーぁ、一難去って、また一難。
こればっかりは、努力じゃどうにもできないわ。

●ひなた
どうしよう……。

●琴音
考えましょう……もう時間もあまりないですし。

●愛美
合宿の努力を無駄にしないために、道を探さないとね。

目次へ戻る

現世(エイドス)サイド:第16章「最初の条件」第9話「ないものねだり」

ーー教室

●愛美
…………。

だ、誰か名案はないわけ?

●琴音
知名度って、積み上げるものですから。

●千尋
いきなり有名になるパティシエだっていないし。

●愛美
って言ったって、このままじゃ不利でしょ。

ねぇプロデューサー。なんか案はないの?

●プロデューサー
難しい。

●萌
琴音さんもおっしゃったように、
知名度とは積み上げるものですから。


結成してすぐのユニットが
いきなり有名になるのは難しいでしょう。

●琴音
そもそもそんな方法があるなら、
みんな使ってるはずですから。

●愛美
……絶望的な気持ちになってきたわ。

せめて、麗華みたいな元ヴァルプロのメンバーが、
もう1人くらいいれば……。

●琴音
あはは、麗華さんだけでも十分に恵まれてますよ。

●愛美
他に有名な子なんて、うちの学プロに……あ。

●ひなた
……? え、なに?

●愛美
例えば~……
ゲスト出演で、ひなたのお姉さんを引っ張ってこれたリ……。

●和歌
無理だしダメ。

●愛美
うっ。

●ひなた
う、うん、ごめん。
それはできないと思う。

●愛美
あ、うん。
ご、ごめんなさい……。

●琴音
と、とにかく! もう少し考えてみましょう!

●愛美
そ、そうね……っ!

●ひなた
………。

●愛美
えっと……な、なんか不味いこと言っちゃったかしら?

●ひなた
え!? ううん、大丈夫だよ!?

ただ……えっと……お姉ちゃんは、頼れないんだ。

●愛美
……仲が悪いとか?

●ひなた
うーん……。えっと……今度、話すよ。

ただ、お姉ちゃんは頼れないの。
それだけは、絶対なんだ。

●琴音
……そ、そう、なんですね。

●ひなた
うん……。

●和歌
おほんっ!
さて、それにしてもどうしましょうか。

●愛美
そうよねえ、はぁ……。
問題児として有名なのならいるんだけどね……。

●琴音
あはは、セリアさんは学園的には有名なんですけどね。


●ひなた
でもきっと、なにかあるはずだよ。

学プロのみんなにも相談してみよう!
きっといいアイデアが出てくると思う!

目次へ戻る

現世(エイドス)サイド:第16章「最初の条件」第10話「届く、声のカタチ」

ーー教室

●麗華
難しいんじゃないかしら?
こればっかりは地道に積み上げるものよ。

●ひなた
うー……。

●セリア
ノブナガのヒエイザン炎上商法にならうデスか!?


●麻里紗
いたずらに敵を増やすだけよ、やめなさい。

●瑠璃花
炎上商法には美学がない……。

●茜
それってあふぃりえいとで副シュウニューが手に入るってやつ!?

●瑠璃花
素人にも玄人にもオススメしない……。

●晴海
正攻法で行きましょう、ファンの信頼を損なうことはしたくないわ。

●琴音
と、なるとやっぱり地道な活動になっちゃうんですよねえ。

●理子
しかし、敗者復活戦まで時間があるわけではないと。

●ひなた
うん……このままだとそもそも
誰にも見てもらえないんじゃないかなって。

●萌
学プロ名から視聴するライブを観るシステムですからねぇ。

無名な学プロは、そもそも土俵に上がるのも難しいわけです。

●愛美
んー、麗華を全面に押し出してみる?

●麗華
私1人の名前ぐらいでは、限界があると思うわ。
そもそも、この学プロにいるってこともそれほど知られてはいないしね。

●くるみ
あっ! みんなのお友達に「絶対見てね」っていうのはどうですか!?

●悠
自分も道場の人にお願いしてみますかねえ……。
ものすごく恥ずかしいですけど……。

●佳奈恵
あー、まあ地道だけどありかな。

●更菜
やらないよりはいいですね。
打開策……とまではいきませんけど。

●寧々
……お友達…に……うぅ……。

●晴海
い、居ないわけじゃないんだけど……。

●セリア
フランスからでも投票できるでやんすかね?

●瑠璃花
ネットの友達に頼むかぁ。

●茜
……そ、そうね。
アカネも、1000人くらいいる友達に……。


●瑠璃花
10人もいないくせに。

●茜
いるわよぉ! 学プロ全体でもう20人超えてるでしょ!?

●ひなた
あはは、でもそうだね。
まずはお友達から……いいと思う!

うちの学プロらしいと思うし!

●美雪
うふふ、きっと上手くいきますわ。

●希
地に足がついてていいと思うわ。
そういう地道なところから攻めるべきなのよ。

●麗華
それに、あまり心配していないわよ。
……我が学プロには、頼もしいリーダーがいるからね。

●ひなた
え?

●麗華
いざとなれば、なんとかしてくれると信じてるわよ。


●ひなた
えええええっ!? どうやって!?

●麗華
ふふっ……。

●ひなた
もうー! 麗華さん、からかってるだけでしょー!?

●麗華
ふふっ、ごめんなさい。
でも、嘘というわけでもないけれど。

●悠
ひなた先輩はスペシャルですからね!

●ひなた
悠ちゃんも! っていや、悠ちゃんは本気? うう、複雑だよぉ……。

でもでも、あたし本当になにかできるってわけじゃ……。

●萌
た、大変です!

●プロデューサー
どうしたの?

●萌
ネット上で……。

ひなたさんが大変なことになっています!

目次へ戻る

現世(エイドス)サイド:第16章「最初の条件」第11話「はじめての見守り隊」

ーー学園内広場

●麗華
ん……あれ、おかしいわね。
練習前だっていうのに、ドリンクが切れてるわ。

●美雪
麗華さん、お困りですの? それなら私がお使いに行きますわ。
お買い物の方法論はすでに、希に教えていただきましたからっ。


●麗華
そう。それじゃあ悪いけれど……、
スポーツドリンクを人数分買ってきてくれるかしら。

●美雪
はいっ。皆さんの体に合いそうなものを選んで、
練習を有意義なものに出来るよう、努めますわ。

●希
ああっ、麗華! あの子に行かせちゃだめじゃないっ!
理子、更菜! 急いで追いかけるわよっ。

●理子
えっ? あっ、ああ……アタシたちも?

●更菜
希、なにもそこまでしなくても……ま、待って!

●麗華
ちょっと! あなたたちまでどこへ行くつもりなのっ?

ーー街中

●美雪
えっと、ドラッグストアはこっちでしたわね。

●理子
……なんでアタシたちは、影から美雪を尾行する必要がある?

●更菜
危なっかしくて心配なんだって……。
美雪、自信とか関係なくやる気はあり余ってるから……。

●希
おおっ、ちゃんと右見て、左見て……手を挙げたわねっ。
道路の渡り方は完璧じゃない。美雪、グッジョブ!

●理子&更菜
(こっちは親バカだ……)

●更菜
店に入ったみたい。このまま追うの?

●希
ふふんっ……ここに双眼鏡があるわよ。

●理子
そんな真面目な表情で手渡されても困るんだけど。

●希
あっ、見なさい! 美雪、なにを買うか悩んでるみたい。

ーードラッグストア

●美雪
しゅ、種類が多いんですのね? 麗華さんがいつも飲んでいたのは……。

そうです、なんとかウォーターでしたわっ!
でも、ここのものは全部ウォーターって書いてありますし……。

くぅっ……これでは希に、世間知らずと言われてしまいますわ。
世間がどういうモノかは存じ上げませんけれどもっ。

●希
がんばれ美雪っ。それ全部スポドリじゃないけど、
水なら大体あってるからいいわよ!

●理子
よくないって。……アタシが行って、どれを買えばいいか教えてくるよ。

●希
それじゃあ美雪のためにならないでしょ!

●更菜
夫婦喧嘩みたいになってるよ、2人ともっ。

●希
そんなことより、あの子がついに動くわ!

●美雪
おおっ……粉を溶かすと、スポーツドリンクに!

なるほど、これが麗華さんのおっしゃっていたものですのねっ。
これこそまさに、合点がいく、というものですわ!


●更菜
……レジ、行ったね。

●理子
はぁ……なんだか疲れたけど、上手くいったみたいだね。

●希
ふふっ……甘いわね、二人とも。
ここからが、白拍子美雪の真骨頂よ……!

●理子
……希は普段から美雪をどういう目で見てるんだ?

●更菜
出てきた……あ、あれ? 美雪が持ってるのって、
さっきのドリンク粉末じゃないやつだよね?

●理子
ホントだ……って、待って。あれ、青汁の箱じゃん。
どうしてそこにいきつくんだ? おかしくない?

●希
スポーツドリンクが健康になる飲み物だと勘違いして、
飲んだことがないけどこっちがよさそうって考えたのよ。

●理子
……あの状況をパッと見ただけで、
そこまでの情報がよどみなく出てくるものかね。

●希
あの子の天然パワー、思い知ったでしょう?

●麗華
そこまでわかってて、止めに入らなかったのね?

●希
止める必要なんてな……れ、麗華!? どうしてここにっ。

●麗華
今日は全員、給水は美雪の買ってきた青汁決定ね。
連帯責任だから、そのつもりで。


●理子&更菜
(とめておけばよかった……)

●希
あ、あたしが青汁にやられても……
第二、第三の美雪がまた現れるんだからーっ!!

目次へ戻る

青空アンダーガールズ!Re:vengerS ・販売元: SQUARE ENIX Co., Ltd.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ゲーム
・容量: 155.7 MB
・バージョン: 2.0.6
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。

© SQUARE ENIX CO.,LTD. All Rights Reserved.




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.