にゃんこ大戦争【攻略】: 12月開眼ステージ「開眼のトナカイフィッシュ襲来!」をお手軽編成で攻略



12月限定の開眼ステージ「開眼のトナカイフィッシュ襲来!」では限定キャラクター「トナカイフィッシュ」の第3形態を入手することができる。この記事では、基本キャラクターの第2形態をメインにした、お手軽な編成での攻略を紹介していこう。

  1. 攻略パーティー紹介
  2. 「トナカイ進化への道 超激ムズ」解説
  3. 「トナカイ進化への道 激ムズ」解説

12月限定キャラクター「トナカイフィッシュ」を進化させよう

毎月おなじみの月限定キャラクター開眼ステージ。

12月では、「トナカイフィッシュ」を第3形態へと進化させることができるようになる。

敵を倒したときのお金が増える「トナカイフィッシュ」。第3形態「フィッシュ・ド・ノエル」になると、体力が増え、範囲攻撃になる

全2ステージ。激ムズは低確率で、超激ムズは確定で第3形態がドロップする。月限定ステージであるため、できるだけ開催中に入手しておこう

両ステージとも敵の数が非常に多く、特に超激ムズは最低でも狂乱系の壁役がいないとクリアは難しい。

クリアできないという場合は、激ムズでトレジャーレーダーを使って挑戦する手もあるので、どうしても第3形態がほしい場合は利用してみよう。

攻略パーティー紹介

今回は、激ムズ、超激ムズ両方をクリアできる編成をご紹介。

基本キャラクターの第2形態をメインで挑戦する場合、足の速い狂乱系の壁役は必須だ。

加えて、全キャラクターレベル20、日本編3章までのお宝コンプくらいの戦力がほしいところだ。

編成(名前は左から右の順番)

  • 1ページ目:狂乱のネコビルダー、狂乱のネコカベ、ネコカーニバル、ネコビルダー、ネコカベ
  • 2ページ目:ネコジェンヌ、魔法少女ネコ、ネコキリン、ネコドラゴン、狂乱のネコムート
  • にゃんコンボ:なし
  • アイテム:ネコボン
  • 壁役:狂乱のネコビルダー、狂乱のネコカベ、ネコカーニバル、ネコビルダー、ネコカベ
  • 緊急壁役:ネコキリン
  • 範囲攻撃:ネコジェンヌ、狂乱のネコムート
  • 遠距離攻撃:ネコジェンヌ、ネコドラゴン、狂乱のネコムート

※推奨「日本編のお宝コンプ済み」「全キャラクターレベル20」

前述のとおり、大量の敵が押し寄せる上、敵のほとんどが「白い敵」であるため妨害しにくい。

そのため、壁役は計5枚を起用。猛攻に耐えつつ、ネコムートの一撃で敵を処理していくことになる。

なかなか妨害しにくい相手には、メタルな敵以外の攻撃力を下げられる「魔法少女ネコ(ねこ陰陽師)」がおすすめ。射程も比較的長く、前線でも意外に生き残ってくれる

ただ、攻撃速度の遅いネコムートだけではザコ敵を処理しきれない場面もあるため、それ以外の範囲攻撃キャラクターもほしい。

今回の編成ではネコジェンヌを起用しているが、持っていない場合は、ふっとばし効果を持った「タマとウルルン」、高い殲滅力を誇る「狂乱のネコUFO」あたりがほしいところだ。

「トナカイ進化への道 超激ムズ」 (消費統率力 150)

強敵の紹介

フィッシュ・ド・ノエル:「トナカイフィッシュ」の第3形態が敵として登場。範囲攻撃で前線の壁役を一掃してくる。

体力は高いが攻撃力は低めで、1体だとそれほど脅威ではないのだが、ラストステージは4体が前線に集結してしまう。

ブラッゴリのような突破力の高い敵もあわせて登場するため、徐々に押し込まれる展開になりがち。全力で壁役を生産しながら、ネコムートの一撃でまとめてダメージを与えていこう。

序盤:ネコボンを使用!最初から仕掛けて前線を押し上げておく

このステージは序盤からボスが登場するため、じっくりお金をためる余裕がない。ネコボンを使用して挑んだ方が安全だ。

ボス登場時のノックバックで、敵の先兵である「ゴリさん」がこちらの拠点に達する可能性がある。

開幕から壁役やネコジェンヌを生産して、ボスが登場する前に前線を押し上げておこう。

中盤:ネコムートを生産し、ボスの1体目をできるだけ削っておく

ボス登場から間もなく、ブラッゴリも出現する。前へ進む力が強いため、壁役を多めに生産して、前線を維持しておこう。

ゴリさんを倒すくらいでネコムートを生産できるお金がたまるはずなので、即座に投入しよう。

ネコムート投入後は、壁役や攻撃役を全力で生産して死守していく。

もう少し経つと、ボスが3体ほど追加登場することになってしまうため、ボスが1体である内にできるだけダメージを与えておきたい。

ボスごとザコ敵を処理していけるのでお金は確保しやすい。ネコジェンヌやネコドラゴンといった攻撃役も忘れずに生産していこう。

終盤:全力で耐えながらボスを1体ずつ減らしていく

その後は、一定の短い間隔でボスが追加登場し、前線に合流する。

よほど強力なキャラクターがいない限り、4体が前線に重なってしまうので、あとはいかに耐えられるかがポイント。

壁役5枚を全力で生産しながら、ダメージソースであるネコムートを守っていこう。

ボスを1体でも倒せれば、大量のお金を入手できる。

このお金でネコジェンヌやネコドラゴン、魔法少女ネコなどを追加しておけば、壁役生産をミスしない限りは耐えられるはず。

耐えている間にネコムートを再投入できれば、勝負ありだ。

壁役5枚でも、ボス4体同時の攻撃を耐えるのはなかなか難しい。1体目を素早く削り、4体がそろう状況を少しでも短くすることが重要だ

「トナカイ進化への道 激ムズ」 (消費統率力 150)

強敵の紹介

こぶへい:超遠距離攻撃が特徴のラクダ。こちらの攻撃が届かない位置から、ネコムートをも射程に捉える攻撃を繰り出してくる。

足の速いキャラクターで、倒される前にダメ―ジを与える戦法が有効だが、攻撃するには敵前線を倒さなければならない。

まずはネコムートやネコジェンヌを中心に、前にいる敵の処理を優先しておこう。

また、両者をこぶへいから守る必要があることから、前線が押し込まれないことも重要。すぐに倒されてしまうが、壁役の投入もしっかり続けておこう。

序盤:耐久して働きネコのレベルを最大まで上げる

開幕から、「ジャッキー・ペン」が定期的に近づいてくる。

恐い攻撃はなく、狂乱系の壁役4枚ほどあれば、耐久することができる。余裕がある内に働きネコのレベルとお金をためていこう。

じゅうぶんにお金がたまったら、狂乱のネコビルダーの数を増やして、敵拠点をたたこう。

中盤:拠点間の中間にくるまでボスを引きつける

敵拠点をたたくことで、ボスであるフィッシュ・ド・ノエルが出現。

ボスはいったん引きつけた方が前線を維持しやすいため、拠点間の中間近くにくるまで待機しよう。

中間に差し掛かったらネコムートを生産して迎撃開始。ここからは壁役や攻撃役も生産し続けよう。

終盤:コブヘイが合流する前にボスを瀕死にまで追い込む

ボス登場から少し経つと、難敵こぶへいも出現する。

合流後は前線を押し込まれがちになるため、ここからはミスなく壁役を生産し続けられるようにしよう。

ネコムートを維持できさえすれば、先にボスを倒すことができるはずだ。

ボスを倒したら、ネコムートはお役御免。

あとはネコキリンをおとりに、ネコジェンヌやネコドラゴンで攻撃して、こぶへいを撃破すればステージクリアだ。

最初にボスを引きつけておくことがポイント。こぶへいの合流をできるだけ遅らせていこう

(C)PONOS Corp.




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.