【BDFE】第二部先行レビュー。第二部を遊ぶ条件は? 第一部をクリアしていなくても大丈夫なの?



スクウェア・エニックスの『BRAVELY DEFAULT FAIRY’S EFFECT(ブレイブリーデフォルト フェアリーズエフェクト)(以下、BDFE)』で、いよいよ12月21日にメインストーリーの第二部が実装されます!

いやあ、第一部のラストの展開はとにかく熱かったですよね。8000年の時代をへた過去と現在がリンクするストーリー、『ブレイブリー』ファンもうなる意外な黒幕と伏線の回収、リンネの正体とその目的……すごかった!

▼風間雷太さんが描く新キービジュアル。舞台は空に浮かぶ島である和の国で、ヴィクターやリリアが描かれています。


第二部の情報も少しずつ公開されてきましたが、3DS『ブレイブリーデフォルト フライングフェアリー』の導師ヴィクターや『ブレイブリーデフォルト プレイングブレージュ』で土の巫女として登場したリリア(同一人物かどうかは明言されていませんが)が登場するなど、早くもシリーズファンにとって気になるファクターがどんどん登場しています。楽しみ!


というわけで、ひと足お先に第二部をプレイしてきました。第二部を楽しみにしている方のためにネタバレは控えめにと考えていますが、ゲームのシナリオは前情報なしで楽しむのが一番よいかと。

「絶対に第二部を遊ぶ!」と心に決めている方は、今はこの記事を読まず、逆に自分でプレイしたあとに「ああ、このシーンの展開、よかったよなあ」とニヤニヤするために読んでいただけると幸いです!

そもそも第二部を遊べる条件は? 第一部との違いはあるの?

●第二部を遊ぶ条件と第一部のネタバレについて

ストーリーを紹介する前に、まずはゲームシステム部分を見ていきましょう。

まず、第二部を遊ぶための条件ですが、第一部の5章までクリアするだけでオッケーです。


チュートリアル的な部分さえ遊び終われば、すぐにでも第二部を遊べる流れとなっており、第一部を全クリアしなくても大丈夫というわけですね。
(もちろん、第一部のめちゃくちゃ熱いストーリーも、ぜひ楽しんでほしいところですけど)

と、ここで逆に気になるのは「第一部の物語を知らなくても第二部を遊べるの?」ということ。

これはご安心ください。第一部の5章までの人間関係をわかっていれば、すんなり第二部も遊べます。

もちろん、「あれ? なんでこの人がここに???」みたいな部分は多少ありますが、そこに関するネタバレがされることはないのでご安心を。


むしろ、そこが気になったら第一部をじっくりと遊んで物語を楽しみましょうということで!

●第二部を遊ぶ適正バランスは?

さて、もう1つ気になるのは第一部の5章までクリアした時点のキャラの強さで第二部を遊べるのかということ。

こちらは、そのまま第一部の5章と同じくらいの難易度となるため、第二部から遊び始めた人もストーリーを堪能できるバランスとなっています。

ただし、第二部は第一部と比べてちょっとゲームの遊び方が異なるので、それらの解説とあわせて説明をしていきましょう

●第二部はフィールド移動がなし=いきなり敵とのバトルへ突入!

第一部は「ストーリーの導入」→「フィールド探索」→「敵を倒すなどの条件を達成」→「ストーリーの結末」という流れが基本でした。

これに対して第二部はフィールドの探索がなくなり、「ストーリーの導入」→「バトル」→「ストーリーの結末」となりました。
(いわゆるスマホゲームの王道的な構成に近くなった感じですね)

▼フィールド探索なしでバトルに突入!(画面は開発中のものであるため、数値などが異なる場合があります)


これにより、かなりテンポがよくなったため、いい意味でストーリーに専念しやすくなった印象です。個人的にはアリ!

ただし、フィールドがない=他プレイヤーの乱入がないわけで、1人でバトルに挑むことになります。

他プレイヤーとパーティを組めないからこそ、重要になるのが、次のポイントです。

●第一部よりも自警団の仲間との絆が大事に!

はい。というわけで、ストーリーを楽しむ際には自警団のメンバーをサポートメンバーとして連れていくことが重要になるため、自警団(いわゆるギルド)で他のプレイヤーと交流をしていくのがポイントになるわけですね。

▼自警団の仲間を3人までサポートメンバーに設定できるほか、白魔道士としてリズが参戦!(画面は開発中のものであるため、実装時には連れて行けるキャラが異なる場合があります)


ちなみにAppBank.netでは、初心者プレイヤーを応援してくれる自警団へのインタビュー記事を掲載しています。

【関連記事】
【BDFE】初心者応援自警団「INFINITI」インタビュー。学生と社会人が半々のAランク自警団!
【BDFE】初心者を応援してくれる自警団「アイリスの花」インタビュー。歴史のある自警団で夜の活動が多め!

「第一部のエンディングを見たい!」「第二部の物語を楽しみたい!」という方は、こういった自警団の方々に声をかけてみてはいかがでしょうか?

第二部の序盤ストーリーをチェック! 6つの島での大冒険が始まる!!

ここからは第二部の序盤を遊んだ感想をレポートしていきます。

正直なところ、第一部後半の怒涛の伏線回収ラッシュが素晴らしすぎたため、第二部のハードルが上がりすぎて、期待半分怖さ半分といったところでしたが……。

実際に遊び始めると、リンネの軽口やジョバンニたちとのかけあいが楽しく、「ああ、やっぱり『BDFE』の世界って楽しいなあ」と、わくわくしながら物語を楽しむことができました。

▼冒険の仲間は、あいかわらずジョバンニやステイシーたち。バトルでも力を借りることができます!



▼第二部からはリズが合流。「なんで8000年後の世界にいたはずのリズが仲間に?」という部分は第一部をクリアして確認しましょう。まあ、第二部だけで独立した物語になっているので、あまり気にしなくても物語を楽しめますけどね。


第一部のラストを体験した身としては、リンネやリズと一緒に冒険できることが本当にうれしいですなあ……!

さて、今回の冒険の舞台は、空に浮かぶ6つの島。「和の国」と呼ばれる場所が6つの島に分かれてしまったという流れで、和風な建物や和風な敵(野武士とか妖怪とか)が登場します。

▼空に浮かぶ島は、第一部のエピローグでも少し話が出ていましたね。


▼敵として妖怪たちが登場。一部、バニー系など、おなじみの敵が妖怪アレンジされていることも(笑)。和風なカプカプとかいるといいなあ。


▼妖怪たちとバトル!(画面は開発中のものであるため、数値などが異なる場合があります)


▼野武士なんかも登場。ちなみに島の一部は「和の国」以外の人々も住んでおり、和洋折衷な敵が襲いかかってくることも。


▼和風な敵だけでなく、洋風な敵が出現することも。(画面は開発中のものであるため、数値などが異なる場合があります)


新たなメインキャラクターとなる兵馬(声優:松岡禎丞)なんかも、リンネやリズとどんな軽口を叩き合うことになるのか楽しみです、
(余談ですが、舞台が「和の国」ということで、剣聖(ソードマスター)カミイズミや忍者のキキョウなんかも出てくれるといいなと妄想しております)

▼腕っ節が強そうな兵馬。今回プレイした範囲ではバトルでは仲間に選べませんでしたが、いつかは一緒に戦いたいなあ。



物語の伏線的に気になるのは、6つの島が交差する=「六島直列」がおきると何かが起きるということ。


「六島直列」は1万年に一度の奇跡と呼ばれ、一説では「天女様が降りてくる」「鬼が出る」「国が滅びる」なんて不穏な事象が起きるそうですが、逆に「死なない体をもらえる」「神仏に等しい知恵をもらえる」なんて夢のような話も……。


うーん。「死なない体」……こういう話を聞くと、3DSのヴィクターやヴィクトリアの話とかを連想しちゃいますね。

▼目的は不明ですが、ヴィクターは何かを求めて和の国にやってきたようです。


▼謎の少女リリア。『プレイングブレージュ』を遊んでいると彼女の正体というか存在理由が今回の物語にどう関係してくるのか気になるところですが……。


リリアの正体はかなり気になるところで、そもそも『プレイングブレージュ』とは時代が大きく異なるため、普通に考えると同一人物ではない可能性もあるわけで……気になりますねえ。
(でも『BDFE』には時間遡行という設定もありますし、なんとも言えない部分も多々ありますが)

▼飛空挺に書かれた「幼い子供をあやすような落書き」。3DS版の白魔道プラントとか思い出しちゃいますね。


そして『BDFE』と言えば……そう、「今(主人公が冒険する時代)と8000年後の未来」がリンクする物語!

第一部では、主人公がとった行動が未来に影響を与えて状況が変わっていくという歴史を操作する感覚がとても熱い展開となっていました。

第二部の序盤ではまだ未来へ影響を与えるような行動はありませんが、早くも伏線はちらほら……。きっとこの先、物語本編にも大きな影響を与えていくはず!

▼想いの欠片を通じて、8000年の時代を超えたやりとりが可能。ウィンドニアの皇太子でありモーリスの子孫であるモリガン (声優:悠木碧)と、かつて第一部でライバルだったレイコックが忠義を尽くしたロンタリウス伯の血族であるエルマーが登場します。


▼血痕……穏やかじゃありませんね。


▼リズの兄であるエースとは音信不通に。なんだかなー。その理由は第一部で明かされている部分もありますが、エースは人気キャラだけに、第二部での登場に期待したいですね。


最後になりますが、『BDFE』ファンなら見逃せない「手帳」は、第二部でもちゃんと用意されています。もちろん挿絵付き!



第二部はヴィクターという3DS『ブレイブリーデフォルト フライングフェアリー』が物語本編に大きく関わりそうですし、これをきっかけに3DS版のシリーズファンの方も遊び始めてみてはいかがでしょうか?

完結済みの第一部のボリュームもものすごいことになっていますし、冬休みにじっくり遊ぶ大作RPGとしておすすめですよ!

BRAVELY DEFAULT FAIRY'S EFFECT ・販売元: SQUARE ENIX Co., Ltd.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ゲーム
・容量: 34.4 MB
・バージョン: 1.0.29
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。

© 2016-2018 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.