【ゲーム株概況(12/25)】ほぼ全面安の中で任天堂が連日の安値更新 Aimingやボルテージの下げがきつい HEROZが異彩を放つ大幅反発



【ゲーム株概況(12/25)】ほぼ全面安の中で任天堂が連日の安値更新 Aimingやボルテージの下げがきつい HEROZが異彩を放つ大幅反発12月25日の東京株式市場では、日経平均株価は下げ幅を大きく広げて5日続落し、前日比1010.45円安の1万9155.74円で取引を終えた。米政府機関の閉鎖などによる米国政権運営に対する先行き不安から米国市場が急落しており、国内市場にもその影響が大きく波及した。そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、全体市場と同様のほぼ全面安の様相の中で、任天堂<7974>が連日の年初来安値更新となるなど厳しい下げを演じた。任天堂には、一部で個人投資家の追い証が発生したとの見方が広がっている。また、Aiming<3911>やボルテージ<3639>、アクセルマーク<3624>、アエリア<3758>などが2ケタ超の下げとなり、主力株ではサイバーエージェント<4751>の下げがきつい。半面、enish<3667>がプラス圏で[...]

【ゲーム株概況(12/25)】ほぼ全面安の中で任天堂が連日の安値更新 Aimingやボルテージの下げがきつい HEROZが異彩を放つ大幅反発 is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.