【あおガルシナリオ集】アイドルストーリー「プリティ→プリンセス」編




2019年1月31日にサービス終了を迎えるスクウェア・エニックスのアイドルゲーム『青空アンダーガールズ! Re:vengerS(リベンジャーズ)』のシナリオ集をお届けします。

この記事では、アイドルストーリー「プリティ→プリンセス」編を紹介します。

▼メンバーは佐久間 茜(さくま あかね)[声優:藤川茜]、椿 瑠璃花(つばき るりか)[声優:井上ほの花]。


なお、プリティ→プリンセスのユニット&キャラクターは別記事で詳しく紹介しています。

目次
佐久間 茜:第1話「根負け天使と寄り添い乙女」
佐久間 茜:第2話「類は天使を呼ぶ」
佐久間 茜:第3話「可愛い私のアイドル道」
椿 瑠璃花:第1話「ホントの私、見せたい私」
椿 瑠璃花:第2話「テスト勉強は突然に」
椿 瑠璃花:第3話「知っていてほしい相手」

佐久間 茜:第1話「根負け天使と寄り添い乙女」

ーープロダクション室

●茜
ねぇねぇ、瑠璃花ぁ~。
なにしてるのぉ~?

●瑠璃花
ブログの更新。

●茜
それって今やらないとダメなの~~?
後からでいいんじゃないの~~?

●瑠璃花
…………。

●茜
そんなことよりもぉ……。
アカネちゃんとおしゃべりしようよ~。

●瑠璃花
茜……。
暇だからって絡んでくるのやめて。

と言うか、構ってもらいたいなら、他を当たって。
本気でめんどくさい。

●茜
だってぇ……みんな、忙しそうなんだもん……。
ジャマしちゃ悪いでしょ?

●瑠璃花
わたしも忙しいんだけど。
そして、完全にジャマになってるんだけど。

●茜
むぅ……瑠璃花なら構ってくれると思ったんだけど……。
いいもーん。アカネちゃんふて寝するもーん。


●瑠璃花
ちょ、なんで寄りかかってくる……って、もういい。
気にしたら負けってやつだろうし……。

…………。

(瑠璃花の作業が終わる)

よし……更新終わり……。
なんか、作業したらお腹すいた……。

…………。

あの、茜……。
しかたないから、一緒にお昼でも食べに……。


●茜
んぅ……あ、ごめん、ホントにちょっと寝てた……。
で、なんか言った?

●瑠璃花
……別に。

●茜
え? なに?
って、どこ行くの?

●瑠璃花
聞いてなかった人には教えない。

●茜
えぇ……な、なんで、ちょっと怒ってるの?
瑠璃花、ちょっと待ってよ~!

目次へ戻る

佐久間 茜:第2話「類は天使を呼ぶ」

ーーレッスン場

●希
茜……あんた、レッスンに連続で遅刻してるみたいね?
最初のうちは、結構がんばってたって話だけど……。

最近、ちょっと上手くいってるからって、油断してるんじゃないの?
と言うか、そんな気持ちでトップになれると思ってるの?

●茜
うっ……いいじゃん、別に……。
アカネだって、休みなしじゃ疲れる時はあるんだし……。

●希
それなら、正直にそう言えばいいのよ。
でも、この前は仮病使って休んだそうじゃない。

●茜
げっ……それをどこで……。
よりによって、希さんに知られるなんて……。

●瑠璃花
…………。

●茜
あっ! る、瑠璃花!
ちょっと助けて! お説教魔人に捕まってるの!

●希
誰がお説教魔人よ……!

●茜
あ、いや……こ、言葉のあやってやつ?

●瑠璃花
……たまにはいいんじゃないの?
最近は、サボり癖と言う名の本性が出てきてるみたいだし。

お説教は面倒かもだけど、良薬は口に苦し。
こってり絞られて、気持ちを入れ替えればいい。

●茜
むーー! 瑠璃花が希さんの味方してるぅー!
瑠璃花はアカネと同じユニットなのにぃ!

●瑠璃花
当然だと思うけど。

●茜
……なーにが、良薬は口に苦し、よ。
苦い薬飲めなくて、お子さま用のイチゴ味服用ゼリー使ってるくせに。


●瑠璃花
……なんで、そういうこと人の前で言うの?
この口、本当に軽い。

●茜
ちょ……ほ、ほっぺら、ひっぱららないれよ!
もう! お返しなんらから!

●希
こら! いきなりケンカをしない!
と言うか、お互いのほっぺた引っ張り合うのやめなさい!

●茜
だって、瑠璃花が!

●瑠璃花
茜が余計なこと言うからでしょ。

●希
まったく……これは2人そろってお説教が必要みたいね……。

●茜
え……あ、やば……。
お説教魂に火を点けちゃった……。


●瑠璃花
なんで……わたしまで……。
はぁ……これだから、リアルは面倒……。

目次へ戻る

佐久間 茜:第3話「可愛い私のアイドル道」

ーー学食

●悠
あの、茜先輩。
ちょっと気になってることがあるんですけど。

●茜
な~に~?

●悠
ちょくちょく、そんな感じでここでダラダラしてますけど……。
具合が悪いとかなんですか?

●茜
え? 違うわよ。
本当に具合悪かったら、保健室に行くか家に帰るし。

●悠
じゃあ、どうしてですか?
なんか、他に理由が?

●茜
それは……決まってるじゃない。
アカネたちの仕事はハードなのが多いからね。

休める時に休んで、英気を養ってるのよ。
そしたら、本番で息切れすることないからね。


●悠
おぉ、なるほど……!
ってことは、レッスンをサボったりするのも?

●茜
当然、体調管理や体力の調整をしてるのよ。
悠ちゃんもスポーツやってるならわかるでしょ?

●悠
本当ですか……超、頭使ってるじゃないですか。
自分、そこまで考えられないです!

●茜
あ~、ダメダメ。
それじゃ、大事な時に実力発揮できないわよ?

って言うか、これからの時代は考えないと。
トップアイドルになるどころか、絶対に生き残れないわよ?

●悠
……勝負の世界ってのは、シビアなんですね。

うおぉぉぉ……! なんかやる気出てきました!
ちょっと走ってきます!!

――タッタッタッ。

(悠が走り去る)

●茜
ふふん……チョロいわね。
ま、アカネの機転にかかれば、
悠ちゃんくらいはチョロ甘もいいところって感じ?


ふふふ……あーっはっはっはっ!

●瑠璃花
……おバカに転がされるおバカの図、か。
こっちが悲しくなるくらい哀れかも。

目次へ戻る

椿 瑠璃花:第1話「ホントの私、見せたい私」

ーー学食

●瑠璃花
そ、そんな……そんなバカな話が……。
動いて……動いてよ……うぅ……。

●茜
……どうしたの? ノートパソコンいじくりまわして――。
って、顔色悪いんですけど!?

え、ちょ……なにごと!?
瑠璃花が顔色変えるほどのことがあったの!?

●瑠璃花
茜……どうしよう……?
わたし……わたし……!


●茜
お、落ち着きなさいよ……。
ほら、アカネになにがあったのか話してみて。

●瑠璃花
パソコンが……動かないの……。
電源すら点かなくって……。

●茜
え……電源すらって……。
それって、バッテリーの充電が切れてるとかじゃないの?

●瑠璃花
……バッテリー? 充電?

●茜
いや、まさか、そんな初歩的なことじゃないよね。
ごめん……でも、瑠璃花ですら原因がわからないんだったら――。

って、今度はなにやってるの?

●瑠璃花
予備のバッテリー入れてる。

●茜
へ?

●瑠璃花
あ、点いた……茜、点いたよ……!
よかった……故障じゃなかった……!

●茜
…………。

●瑠璃花
ありがとう……!
茜のおかげ……!


●茜
え、あ……そ、そう?
ま、まさか、手を握られるほど感謝されるなんて……。

●瑠璃花
あっ……!

い、今のは気の迷い!
なんでもないからっ!


目次へ戻る

椿 瑠璃花:第2話「テスト勉強は突然に」

ーー廊下

●琴音
ルリちゃん、テスト勉強はかどってる?

●瑠璃花
今回の定期テストは仕事とレッスンが忙しくて、全然対策できてない。
だから、気が重い……。

●琴音
あはは……ルリちゃんたちは、特にハードなお仕事多いもんね……。

●瑠璃花
サボり癖のある茜が、仕事だけはしっかりやるから……。
どんどん、同じような仕事が来る……悪夢のループ……。


●琴音
もし、よかったら……。
わからない所は、教えてあげようか?

●瑠璃花
ん……そうしてくれると助かるかも。
ありがとう、コトちゃ――。

●茜
あれぇ? 2人で立ち話?
なになに? なんの話?

●琴音
あ、茜さん。
今度のテストのことを話してたの。

●茜
えぇ~……そんなのいいってば。
アカネたちは忙しいんだから、ちょっと点数悪くたって許されるって。

●瑠璃花
じゃあ、あっちに行ってて。
そういうこと言う人とは話すことなんてないから。

●茜
うっ……な、なによぅ……。

●瑠璃花
こっちは最低でも赤点は避けたいの。
だから、ムダな話をしてる暇なんかない。


●茜
むぅ……アカネとの会話はムダなんだ……。

●琴音
あ、あの、あの……2人ともユニットなんだから……。
もうちょっと仲よくしないと……。

●瑠璃花
…………。

●琴音
あっ、そうだ! 今度、みんなで買い物に行こうよ。
テストが終わった後の打ち上げみたいな感じで。

そしたら、心置きなくおしゃべりできるし……。
どうかな?

●瑠璃花
……コトちゃんがそう言うなら。
行く。

●茜
ん……わかった。
アカネもそれまで大人しくしてる。

●琴音
ふぅ……な、なんとかなった。
よかったぁ……。

目次へ戻る

椿 瑠璃花:第3話「知っていてほしい相手」

ーーレッスン場

●楓李
あんな~、いきなりなんやけど……。
この前、瑠璃花はんにそっくりなネットアイドル見つけて……。

●瑠璃花
え。

●楓李
も~、それが似てるのなんのって……。
めっちゃ似とってん。

●瑠璃花
……いや、それ――。

●千尋
え~~!? あ、あれって……本人じゃなかったの?
もしかして、双子だったりとか?

●楓李
あぁ~、ほんなら似てるのもうなずけるわ。
どっちが姉で、どっちが妹なん?

●瑠璃花
なんで、こんな面倒な状況に……。
茜……説明してあげて……。

●茜
…………。

●瑠璃花
茜?

●茜
や、やっぱり、そうだったんだ……。
ずっと、ずっとギャップがあり過ぎるって思ってたんだ……。

アカネの知ってる瑠璃花は全然笑わないけど……。
ネットアイドルの天使は、すごく優しそうに笑うし……。

あっちはアカネが困ってる時に助けてくれそうなのに……。
こっちは正論ばっかり並べ立てて、逆にアカネを追い詰めてくるし……。

なんで、そういう大事なことを言ってくれなかったの!?
アカネたち、ユニットでしょ!?

●瑠璃花
…………。

そうだよ。ユニットだよ。
だから、どうしてかわからない。

いつも横に立ってるアカネが……。
双子がどうとか言っちゃうのか……。


●茜
あ、あれ? 瑠璃花?
じょ、冗談のつもりだったんだけど……お、怒ってる?

●瑠璃花
怒ってない。
イラっとはした。


(瑠璃花が去る)

●茜
怒ってるじゃん!
待ってよ、ごめんってば!

(茜が瑠璃花を追って去る)

●瑠璃花
知らない……優しいネットアイドルの天使の所にでも行けば?
居ればの話だけどね。

●楓李
おーい、痴話げんかもほどほどにしときや~。
って、聞こえてないなぁ。

●千尋
あははは……なんか、こじらせちゃったねぇ~。

目次へ戻る

青空アンダーガールズ!Re:vengerS ・販売元: SQUARE ENIX Co., Ltd.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ゲーム
・容量: 155.7 MB
・バージョン: 2.0.6
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。

© SQUARE ENIX CO.,LTD. All Rights Reserved.




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.