【あおガルシナリオ集】想世(アンダー)サイド:第0章「プロローグ」




2019年1月31日にサービス終了を迎えるスクウェア・エニックスのアイドルゲーム『青空アンダーガールズ! Re:vengerS(リベンジャーズ)』のシナリオ集をお届けします。

この記事では、想世(アンダー)サイド:第0章「プロローグ」を紹介します。

目次
想世(アンダー)サイド:第0章「プロローグ」第1話「革命前夜」
想世(アンダー)サイド:第0章「プロローグ」第2話「歌姫<ディーバ>」
想世(アンダー)サイド:第0章「プロローグ」第3話「シンクロするリアル」
想世(アンダー)サイド:第0章「プロローグ」第4話「悪夢の侵食」
想世(アンダー)サイド:第0章「プロローグ」第5話「日常への回帰」

想世(アンダー)サイド:第0章「プロローグ」第1話「革命前夜」

ーーアリーナ

●ナレーション
戦乙女<ヴァルキュリア>――。

彼女たちは学生の身でありながら、
アイドル界を牽引するトップスターだ。

●輝音
そんなんじゃ、まだまだ我々5人の声の方が大きいんじゃないか?
ほら! もっと出せるだろ!?


●ナレーション
彼女たちのことは知っていた。
赴任が決まった学園のトップアイドルグループだからだ。

もらった書類のなかに彼女たちのライブのチケットがあった。
実際、観に来てその意味が分かった。

●栞歩
私たちは『ヴァルキュリア』。
鋼の槍で、あなたの心を貫くつもりで歌います。

●ナレーション
瑞々しく笑顔を振りまき、鎧袖一触の気迫をもった彼女たちには、
戦場を駆ける乙女のような美しさがある。

静と動の相反する要素を取り込んだ彼女らは、
『ヴァルキュリア』の名にふさわしい、完璧なアイドルだった。

そのとき、『ヴァルキュリア』の1人のアイドルと
目があった気がした。


ステージは一層の盛り上がりを見せるが、
彼女から目を離すことができない。

パープルがかった、鮮やかな瞳。
見るものを捉えて離さない力強さと、妖しい魅力を秘めている。

規則正しく水面のように揺れる双眸は、
心地よく、眠気を誘うようで……。

見ているとそのまま吸い込まれてしまいそうな、
そんな錯覚すら覚えるのだった……。

ーーライブ会場

●ナレーション
…………ここはどこだろう。

夢か。

いわゆる明晰夢。

アイドル学園に赴任したその日に、ライブ会場の夢を見る。
正月に富士の夢を見るような、特別感があった。

薄暗く、ひとの気配がなく、開かない扉も多い。

●???(ひなた)
わ、わわっ!?
どうなってるの!?

●ナレーション
そこにいたのは、黄色いリボンをした快活そうな少女だった。

そして、彼女の視線の先には……。
巨大な羽虫のようなものが、2匹。ゆらゆらと浮かんでいる。


●リボンのアイドル(ひなた)
うわぁ、大きな虫……。
あんまり詳しくないけど、こんなの現実にいないよね?


●虫の化物
ピキィィィィィィ!

●リボンのアイドル(ひなた)
わわっ!?
怒ってる!?

●プロデューサー
(助けに駆けつける)

●リボンのアイドル(ひなた)
わっ!? あ、あなたは!?

……どちらさま? コスプレイヤーさん?

●プロデューサー
コスプレイヤー?

●リボンのアイドル(ひなた)
え、違うの? だって漫画みたいな格好してるから。

ほら。ガラスに写ってるよ?


……え? 本当に分かってなかったの?
じゃあ、誰かに無理やり着せられたとか……。

●プロデューサー
顔も違う。

●リボンのアイドル(ひなた)
嘘? そんなことって、ある?
寝ている間に、整形手術、されたのかな……。

●プロデューサー
(新任のプロデューサーだと説明する)

●リボンのアイドル(ひなた)
そうなの? いままでどこにいたんだろう……。
ええと、たくさん歩き回ったけど、誰もいなかったから。

あ、ええと、ちなみにあたしは櫻花ひなたって言うんだよ!
手品と芸人をこよなく愛する、エンターテイナー!


●プロデューサー
アイドルじゃないの?

●ひなた
アイドルだよ。
でもその前にエンターテイナーなの。

●虫の化物
ピキィィィィィィ!

●ひなた
わ! お、襲ってきた!?

●???(神蔵)
へへっ、おあつらえむきの登場シーン、
ごちそうさまです、っと。


うおりゃああああああ!

●虫の化物
ギシャシャァァァ……!

●ひなた
い、イスで叩いた!?
すごいかっこいい~! さすが夢!

●イケてるおじさん(神蔵)
あっだ!? 意外と固てぇなコイツ!
て、手がジーンって! ジーンってシビレて……あだだだ!

●ひなた
……あ、あんまり格好良くは、なかったかも。

●イケてるおじさん(神蔵)
よう兄弟。今日も青春、してるか?
俺はしてるぜ。

●プロデューサー
あなたは?

●イケてるおじさん(神蔵)
俺の名前は神蔵<カグライ>。一言で言えば、
裏の世界のお掃除屋さん、かな。……ふっ。

●ひなた
えっ、かっこいい! すごい!

●プロデューサー
そうかな……。

●神蔵
お前たちは迷い込んだのさ。
現世<エイドス>から、この暗い暗い想世<アンダー>によ。

●プロデューサー
なんのこと?

●神蔵
現世<エイドス>はアンタたちが暮らしている世界さ。
いつもお手々つないで、仲良くお遊戯してるだろ?

●ひなた
お遊戯?

●神蔵
ライブのことだ。

●ひなた
えー! 違うよ! お遊戯じゃないよ!
ハイパー・アイドル・エンターテイメントショーだよ!

●神蔵
は、ハイパー……なんだ?
普通、ライブをお遊戯扱いとか許さない、って怒るんじゃ……。

まあいい。茶化して悪かったな。
怒った顔も見てみたかっただけなんだ。

とにかく、お遊戯呼ばわりしておいてなんだが、
俺たちはそのライブに助けられている存在だ。

●ひなた
もしかしてアイドルオタクのひと?

●神蔵
ち、違う……。
俺は……。

●虫の化物
ギシッ……!

●神蔵
っと、お喋りはここまでらしい。
相棒、2分で片付けるんだ。

●プロデューサー
…………。

●神蔵
おい、何をぼさっとしてるんだ。
アンタのことだって。

そう、アンタだ相棒。
俺は能力を失くして戦えないからな。

相棒には『ヴァルキュリア』の戦絆衣<フォーム>が宿っていた。
それが今日のライブであいつらに出会って、完全に目覚めた。

さあ、行くぜ相棒。
俺は実践派なんで、細かいことは戦いながら教えるぜ!


目次へ戻る

想世(アンダー)サイド:第0章「プロローグ」第2話「歌姫<ディーバ>」

ーーライブ会場

●ひなた
す、すごいプロデューサー!
モンスター、倒しちゃった!

プロデューサーの身体が光ったと思ったら、
ライダーみたいに変身しちゃったよ!

●神蔵
これが戦絆衣<フォーム>の力だ。
歌姫<ディーヴァ>から力を借り、超越した力を手に入れる。

●ひなた
でぃーば?

●神蔵
ま、端的に言うと俺たち調停者<プロデューサー>の
力の源だな。

そして、さっきの虫みたいなのが瘴念<ノイジー>。
現世<エイドス>の人々の負の感情の集合体だ。

現世<エイドス>で負の感情が高まると、
こいつらが想世<アンダー>で具現化する。

んで、そいつらは異門<ゲート>を通って、
お前らの世界に行こうとする性質があるんだ。

そしたら、人の心にとり憑き、支配する。
事件を起こしたり、ふさぎ込んでしまって、ひっそり消えたり。

俺たち調停者は、瘴念が現世へ溢れないよう、
目を光らせている門番ってわけだ。

で、いま、相棒が戦えたのは、
歌姫である『土方 アリス』の功績だ。

●プロデューサー
『土方 アリス』?

●神蔵
相棒が今日出会ったアイドルだ。
何か感じるものがあっただろ?

現世でのライブも終わったようだし、
俺の勘だとそろそろ……。

ーーステージ裏

●アリス
なんですの、ここは? 暗くて、霧がかって……。
リツさん! キョーカさん! どこに行きましたの!?


●神蔵
ほらな。

●アリス
……あ、誰かそこにいるのですか?
……って、え? ……コスプレ?

●プロデューサー
違う。

●アリス
じゃあ、どうしてそんな格好を?
……あ! 何かのバツゲームなのですわね!?

●プロデューサー
違う。

●アリス
はぁ……。だったら、なぜ……って、む、虫!?

い、いやっ! こ、怖いですわ!

●神蔵
大丈夫だ。もう息はない。

●アリス
で、でもいま、ピクって動きましたわ……。
それとも、そういう仕掛けですの……?

美術、ですわよね……?
すごいリアルですわ……。いくらかかっているのかしら?

●神蔵
現実と同期づけようとする気持ちはわかるが、
目の前のコレも、作りもんじゃないぜ。

お前さん、土方アリスであってるよな?

●アリス
そうですけど……

そ、それよりも変な冗談はやめてくださいまし!
これが本物なわけ、ありませんわ!

●神蔵
そうかい……でもよ、じゃあアレは、
どうやって説明する?

●アリス
アレ……?

……ひっ!?


●ひなた
な、なにあれ!?
大きな影みたいなのが、こっち来てるよ!

●プロデューサー
さっきよりでかい!

●神蔵
チッ、ニオイでもかぎつけたのかわからんが、
厄介なやつが現れたもんだぜ。

こいつを倒さないと、ガールズが危ねえ。
気張れ相棒、ここが正念場だ!

目次へ戻る

想世(アンダー)サイド:第0章「プロローグ」第3話「シンクロするリアル」

ーーライブ会場

●瘴念<ノイジー>
ギシャァァァ……!

●アリス
嘘……ですわ……。
また、キョーカさんのドッキリの類でもなく?

●神蔵
ふぅ。面倒だが、またいちから説明するぜ。
これも調停者<プロデューサー>としてのお仕事だからな。

(神蔵からの説明が終わって)

●アリス
頭が痛いですわ……。
理解が追いつかなくて……。

●ひなた
そう? あたしは分かりやすい説明だと思ったなぁ。

●アリス
それに、こんな初対面のコスプレイヤーの方が、
最初から決められていたパートナーだと言われましても……。


……たしかに、さっきのライブでは、
目があったのは、気づきましたが。

●プロデューサー
気づいてたの?

●アリス
ええ。一応……。見た目が変わりすぎて、
本当に同一人物かは半信半疑ですけども……。

そもそも、いきなりパートナーと言われても、
認められるわけありません。

それに、貴方はこれから他ユニットのプロデューサーになります。
そんな方と、仲良くするわけには……。

●プロデューサー
どうして?

●アリス
だって、ワタクシたち、敵対関係になりますから。
学内プロダクションが違う以上、避けられません。

●神蔵
学プロが違うイコール、すべて敵って、
なんとも極端な考え方だな。

●アリス
少なくとも『ヴァルキュリア』は
そういう方針ですの。

……学プロどころか、ユニット内でも、
露骨に闘争心むき出しの方もいますわ。

もしくは、誰にも興味が無いか。
そのどちらかのように感じます。

●神蔵
……そうか。色んなユニットがあっていいと思う。
でも、本当にそれは、あんたにあってるのか?

●アリス
関係ありませんわ。No.1ユニットなのですから、
一番正しいのです。

適合できないのであれば、それはワタクシが自分の
未熟さを認めること。……弱音は吐きません。


……と、とにかく!
そういわけですので、パートーナーと言われても困りますの!

●神蔵
そうかねぇ。だけど俺には、雨に濡れた犬みたいに
プンプン臭うんだけどなぁ。

●アリス
何がですの……?

●神蔵
戦絆衣<フォーム>の匂いだよ。口では理解できないって
言いながら、相棒のこと、ちょっと憧れてるだろ。

●アリス
はぁ!?

●神蔵
パートナーのあんたを、泥臭く身体を張って守る。
そんな真っ直ぐで潔い姿によ。

そうでなきゃ、戦絆衣が開放されるなんて、
あるわけねぇんだよなぁ。

●アリス
何をわけのわからないことを……。

……まあいいですわ。
そんなことより、いつになったら出られるんですの?

●神蔵
ああ。それならそろそろだ。

自由に世界を行き来できるのは調停者だけだ。
歌姫<ディーヴァ>のアンタたちは、迷い込んでしまっただけ。

じきに強烈な眠気が襲ってくる。
それに身を任せて、次に目を覚ましたときには……。

●アリス
すーすー。

●ひなた
……むにゃぁ。

●神蔵
……現世<エイドス>に帰ったか。

●神蔵
1つ大事なことを伝えられなかったな。

●プロデューサー
大事なこと?

●神蔵
調停者の能力のない迷い込んだだけの人間は、
想世<アンダー>での記憶を、現世にもちこせない。

だから次に現世で2人に会ったとしても、
2人は相棒のことを覚えていないのさ。


向こうでは、初対面の設定で接するのが吉だぜ。

●プロデューサー
分かった。

●神蔵
さて。これから相棒は、
現世ではアイドルをプロデュースする。

そして想世では瘴念<ノイジー>との戦いに明け暮れる生活が
待っているってわけだ。

いいなぁ。青春だよなぁ。
……おっと、青春に歳は関係ないからな。

●プロデューサー
どうして自分が?

●神蔵
言っただろ、宿命だって。

俺を恨んでくれるなよ。俺が任命したわけじゃない。

どうしても聞きたければ、瘴念ども全部ぶっ倒して、
自分で女神様に尋ねるこったな。

そんじゃま、今日はこのへんで。
そっちの世界に戻ったら、アイドルたちもよろしくな。

目次へ戻る

想世(アンダー)サイド:第0章「プロローグ」第4話「悪夢の侵食」

●ナレーション
偶然目に留まった、アイドルのゲリラライブ。
通り過ぎるつもりが、何故か足を止めていた。

アイドルなのに、手品師のような小道具を持った女の子。
その奇抜さとは別に、目を惹いて止まない『何か』があった。

だが、そこで気がつく。
彼女は夢で見た少女とそっくり……いや、同一人物だった。


リアルすぎる夢だったし、もしかして本当に……。
いやまさかと、慌ててその考えを振り払った。

●リボンのアイドル(ひなた)
……えっ?

●ナレーション
どれくらい眺めてしまっていたのだろう。
彼女も私に気づいて、驚いたように声をあげる。

●リボンのアイドル(ひなた)
あ……そ、そこのあなた……!

●ナレーション
私は、その声に応えようと――

●大人なお姉さん(かぐら)
もう、やっと見つけましたよ?
13時に学園長室。言ったでしょ?

●リボンのアイドル(ひなた)
あっ……。

●大人なお姉さん(かぐら)
あなた、新任のプロデューサーさんでしょ?
ひとまず、学園長室に行きましょう! 話はそれからよっ。

ーー学園長室

●大人なお姉さん(かぐら)
さて、と。改めまして、ようこそ神楽ヶ丘学園へ!
わ~! ぱちぱち~!


改めまして、私が学園長の久石かぐら、17歳でーす!

●プロデューサー
(おいおい……)

●かぐら
まずは、プロデューサーがなにをすればいいかを
今からお話しておかないといけないわね。

ここはあなたも知っての通り、日本有数のアイドル育成学校、
『私立神楽ヶ丘学園』です。

最前線で活躍するアイドルを何人も輩出しているの。

中高一貫式で、大きく普通科と芸能科に分かれているわ。
アイドル育成は主に芸能科のほうね。

芸能科には『アンダーガールズ』という一流アイドルの『代役』、
アイドルのひよこさんたちがたくさんいるのよ。

そのひよこさんたちは、殻を破ろうと必死なの。
あなたには、そのお手伝いをしてもらえると嬉しいわ。

●プロデューサー
その役目が、プロデューサー?

●かぐら
うんうん、そうなのよ♪ アイドルとして大成できるかは、
あなたがアンダーガールズをどう導いていくかによるの。

●プロデューサー
導くにはどうしたら……。

●かぐら
そうね、そのためにライブバトルっていう仕組みを作ったわ。
勝った方には、学園からお仕事の斡旋なんかもしちゃう!

アイドルにはいつか卒業の時がくるけれど、
それはアンダーガールズも同じだわ。

ライブバトルに勝利することが、輝くための第一歩よ。
そのためにも、あなたがたくさんサポートしてあげてね。

●プロデューサー
何をしてあげればいい?

●かぐら
ふふっ、それはもちろん自分で考えてね♪
誰かを導こうとするひとが、いきなり答えを求めるなんてダメよ♪

ただ1つヒントをあげるのであれば……。
たっくさん、出会ってね♪ ひとと、運命と……色々なものに。

経験を重ねるなかでしか、アイドルもプロデューサーも、
上へとのぼりつめることはできないから。

厳しいようだけれど、世間は大成したアイドルしか見てくれない……。
夢を叶えなければ、それはただの夢になってしまうわ。


できることなら、あなたがその夢を現実にしてあげなさい。
それに……彼女たちには、あなたの力が必要なんだからっ♪

●ナレーション
学園長はそう言って、アンダーガールズの使っているという
レッスン場を教えてくれた。

そこに行けば、またあの少女に出会えるかもしれない。
淡い期待を胸に一歩踏み出し――

眠りに落ちるような感覚と共に、目の前の日常は一変した。


目次へ戻る

想世(アンダー)サイド:第0章「プロローグ」第5話「日常への回帰」

●ナレーション
悪夢のような体験から目が覚めて、
早速、話に聞いたレッスン場へと向かう。

ーーレッスン場

●ナレーション
一生懸命にレッスンをこなす少女たちは、みんな真剣だった。

しかし、素人目にもそれが、ぎこちない動きだと感じてしまう。
自分1人の力で、本当に支えていけるのだろうか。

●偉そうな生徒(萌)
あー……あのアイドル。ターンはダメですね。
今のミスは減点対象になりますよー。


私レベルになるとわかりますが。なんせ私は経験者なので。

……こんな話、見知らぬあなたにお話しても、
分からないとは思いますが。

●プロデューサー
どなた?

●偉そうな生徒(萌)
経験者です、アイドルの。

というか、今もアイドルに限りなく近い存在なので、
アイドルを超越した存在、とでも言うべきか……。

……まあ、どちらかというと、
今はプロデューサー的な立場ですが。

普通科1年にして、アイドルのプロデュースを任される経験者。
そのへんのプロデューサーよりも、優秀と言えますね。


●プロデューサー
プロデューサーなの?

●偉そうな生徒(萌)
……い、いえ、違います。

一応は、プロデューサーのアシスタント、
ということにはなっています。

今日、学園にやってくる新任プロデューサーについて、
指導する予定だったんですが……。

学園長室に行ったら、校内のどこかにいるから捜せと
言われました。本当に、雑ですよあのひとは……。

●プロデューサー
多分それって……

●偉そうな生徒(萌)
え?
あ、あなたが、そのプロデューサーですか?

……イデアを感じませんね。


●プロデューサー
イデア?

●偉そうな生徒(萌)
イデア、ここでは理想という意味です。

あなたと一緒に仕事をすることで、私自身が理想とする
私に至れる気がしない、ということです。

いえ、決して貶しているわけではありません。

清潔感あるし、なんでもそれなり以上にこなしそうだし、
きっと優しいひとなんだろうなぁって。

でも……フツーですね。
しかしまあ、学園長の言うことなら仕方ありません。

私は、吉永萌。今日からあなたのアシスタントを
務めさせていただきますので、以後、お見知りおきを。


●プロデューサー
アシスタント?

●萌
……本当に何も聞いていないんですね。

普通、新任のプロデューサーは、他のプロデューサーについて
アシスタント的な業務をこなします。

ですがあなたには、いきなり1つの学プロを任せてみると、
学園長は言っていましたよ。

まあ、そのあたりはおいおい説明していきましょう。
ひとまず、今後ともよろしくお願いしますね。

●プロデューサー
よろしく。

●萌
はい。私のような経験者がアシスタントしてくれること、
光栄に思ってくださいね。

一気にスターダムにのし上がるような、
特上のアイドルをプロデュースしちゃうんですから!

目次へ戻る

青空アンダーガールズ!Re:vengerS ・販売元: SQUARE ENIX Co., Ltd.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ゲーム
・容量: 155.7 MB
・バージョン: 2.0.6
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。

(c) SQUARE ENIX CO.,LTD. All Rights Reserved.




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.