【あおガルシナリオ集】想世(アンダー)サイド:第3章「噛みしめるぬくもり」




2019年1月31日にサービス終了を迎えるスクウェア・エニックスのアイドルゲーム『青空アンダーガールズ! Re:vengerS(リベンジャーズ)』のシナリオ集をお届けします。

この記事では、想世(アンダー)サイド:第3章「噛みしめるぬくもり」を紹介します。

目次
想世(アンダー)サイド:第3章「噛みしめるぬくもり」第1話「薊禰」
想世(アンダー)サイド:第3章「噛みしめるぬくもり」第2話「煮詰まる想いの温度」
想世(アンダー)サイド:第3章「噛みしめるぬくもり」第3話「食と彼女と彼女たち」
想世(アンダー)サイド:第3章「噛みしめるぬくもり」第4話「出会いの連鎖」
想世(アンダー)サイド:第3章「噛みしめるぬくもり」第5話「おでんの誓い」
想世(アンダー)サイド:第3章「噛みしめるぬくもり」第6話「認め合う味覚と気持ち」
想世(アンダー)サイド:第3章「噛みしめるぬくもり」第7話「自らを知るチカラ」
想世(アンダー)サイド:第3章「噛みしめるぬくもり」第8話「隠れた本音は香辛料」
想世(アンダー)サイド:第3章「噛みしめるぬくもり」第9話「囲む笑みの団欒」

想世(アンダー)サイド:第3章「噛みしめるぬくもり」第1話「薊禰」

ーー廊下

●ナレーション
新生『Twinkle☆Star』が発足してから数日。

神蔵が、調停者<プロデューサー>であれば意識的に潜ることが
できると言っていたので、試してみたらすんなりとうまくいった。

特に用事があるわけではないのだが……
せっかく来たのだから神蔵に会って行こうと思った。

●穏やかな青年(薊禰)
おや、キミは……。
そうか。キミが神蔵の言っていた……。

ああ、神蔵以外の調停者に会うのは初めてだよね。
驚かせてごめんよ。

ボクは薊禰<アザミネ>。キミと同じ調停者さ。
もう随分と長いこと、ここにいるよ。


●プロデューサー
よろしく。

●薊禰
うん。一応、調停者としては先輩だからね。
困ったことがあったらいつでも言ってよ。

あいにく、今日はこれからお勤めなんだ。
またゆっくり話そう。……それじゃ。

……あ、1つだけ。

この先に、瘴念人<ミアノイジー>が2体いる。
もしよければ、神蔵と2人で倒して欲しい。

いまはまだ危険性がないけど、
いつかは必ず現世<エイドス>に侵食しようとするからね。

いまはふたりでおでんを食べてるみたいだ。

●プロデューサー
おでん?

●薊禰
ああ。落ち着いたものさ。
じゃあ、頼んだよ。

●千尋の瘴念人
……はぁ。ひどいわよねぇ、愛美ちゃん。
わたしたちと本当は組みたくなかった、なんてねぇ~。


●琴音の瘴念人
はい。あのときは愛美さんを説得するのに必死でしたけど
冷静になって考えてみると……。

●千尋の瘴念人
あ、琴音ちゃん。高野豆腐が煮えたわよ~。

●琴音の瘴念人
ありがとうございます。

……ショックでしたよね。
愛美さんは吐き出して、なんだかスッキリしてましたけど。

●千尋の瘴念人
愛美ちゃんのほうから『ラブ・ビューティー』に
誘ってきたのにねぇ……。

はい、琴音ちゃん。グラス空になってるわよぉ。

●琴音の瘴念人
あ、すみません。注いでもらって。

…………ぷはぁ!
……ああ、染み渡ります! いま、この瞬間、幸せです!

●千尋の瘴念人
ねぇ、ごはんってすごいでしょ~?
どんなつらいときも、食べてるときだけは幸せになれるのぉ。

●琴音の瘴念人
……でも、私は『Twinkle☆Star』みんなで幸せになりたいです。

こうやって、メンバーとプロデューサーと萌さんと、
おでんを食べながら、ああ幸せだね、って言いたいです。

●千尋の瘴念人
そうだねぇ。みんなで食べるごはんが、世界一美味しいからね。

●琴音の瘴念人
私たち、これからどうしましょう?
……アイドルは、続けますか?

●千尋の瘴念人
そう、ねぇ……。
わたしたち、これからどうしよう……。

目次へ戻る

想世(アンダー)サイド:第3章「噛みしめるぬくもり」第2話「煮詰まる想いの温度」

ーープロダクション室

●神蔵
……あのガールズは何をしているんだ?


●プロデューサー
おでん。

●神蔵
どうりでいい匂いがすると思った。
しかし、まさかこんなことになるとはな……。

●プロデューサー
こんなこと?

●神蔵
考えてみろよ相棒。
あいつら、想世<アンダー>での記憶がないんだぞ?

だけど瘴念人<ミアノイジー>が出現したってことは、
先日のことで負の感情を溜めてるってことだ。

●プロデューサー
どうして?

●神蔵
原因はよく分かってないが、たまにあるんだ。

おそらくここでの出来事は忘れるわけではなく、
心の奥深くに鍵をかけられて眠っている状態なんだと思う。

それが漏れ出して、心の奥深い部分では、
無意識に負の感情を溜めてしまう。それで、瘴念人が生まれる。

なんにしても、対処しないとな。
このままだといずれば現世<エイドス>に侵食する。

●琴音の瘴念人
……私たち、元々アイドルになりたいわけではないですからね。
愛美さんやみんなのことは好きで、一緒にいたいですけど。

でも、思うんです。
そんなハンパ者の私が一緒にいていいのかって。

一緒にいる、資格があるのかなって。


●千尋の瘴念人
…………。

●琴音の瘴念人
……あれ? あそこにいるのって、
プロデューサーさん?

●千尋の瘴念人
本当~。ねぇ、そんなところに立っていないで、
一緒におでんを食べましょう? ふふふ~。

●神蔵
呼ばれてるぞ。行って来い。

調停者<プロデューサー>は、瘴念人を理解するのも仕事だ。
結果的に、それが相手を救うことに繋がるからな。

そして、調停者は必要なら、
現世からこちら側に誰かを連れてくることもできる。

この場合、必要なのは誰か分かるな?

●千尋の瘴念人
はい、プロデューサーさん。
シュウマイが煮えましたよ~。

●プロデューサー
シュウマイ?

●琴音の瘴念人
不思議な具材ですよね。
だけどこれが意外とあうんですよ?

●琴音の瘴念人
他にも卯の花とか、餃子とか、にんにく揚げとか。
もちろん、普通のお肉とかコンニャクも入ってます。

●千尋の瘴念人
たまたま、そこにあったものを入れただけなのにねぇ。
どうしてこんなにマッチするのかしらぁ。

●琴音の瘴念人
……そう言えば、愛美さんと千尋さんと
初めて会ったときも、おでんを食べてましたね。

●千尋の瘴念人
そうだったねぇ。懐かしいなぁ~……。
もう、ずっと昔のことみたい~。

●琴音の瘴念人
それだけ、愛美さんと出会ってから濃かったですからね。
……大変、でもありましたけど。

●プロデューサー
知りたい。

●琴音の瘴念人
え? 私たちの出会ったときの話ですか?

●千尋の瘴念人
いいわよ~。ご飯を食べながらのお喋りは、
仲良くなる秘訣だからねぇ~。

●琴音の瘴念人
出会ったときは、私の幼馴染のルリちゃんもいて……。

場合によっては、ルリちゃんも『ラブ・ビューティー』に
入っててもおかしくなかったんですけどねぇ……。

●千尋の瘴念人
うふふ~。じゃあ話すねぇ~。
みんなが出会ったのは、去年の春のことで……。

目次へ戻る

想世(アンダー)サイド:第3章「噛みしめるぬくもり」第3話「食と彼女と彼女たち」

ーー1年前の学食

●瑠璃花
コトちゃん、ここ分からない。

●琴音
この問題の、どこが分からないの?

●瑠璃花
それが、残念なことに――。

●琴音
何が分からないか分からない、はダメだよルリちゃん。
それは考えていないだけだから。

●瑠璃花
…………。


●琴音
さ、考えて。最初から問題を解いてみよう?
問題の意味は分かるよね? 違ってもいいから手を動かそう?

この長さと角度は小学生でも分かるよね?
ここが分かっていればこっちも簡単に計算できるよね?

●瑠璃花
じゃ、じゃあ、まずこの角度を求めて……。

●琴音
うん。求めて?

●瑠璃花
ここが50度で、ふたつの角は平行の位置にあって、
だからここも50度。

●琴音
うん、やればできるじゃない。
でもそこ、この問題では使わないけどね。

●瑠璃花
…………。

いまさらだけど、コトちゃんって勉強のことになると
急に厳しくなるよね。

●琴音
え? そうかなぁ。普通だと思うけど。

●瑠璃花
食堂、混んできた。

●琴音
お昼時だからね。
邪魔にならないように、端のほうに移動しようか。

●瑠璃花
うん。ごはん食べながら続きを――。

●琴音
終わってからね。ちゃんと集中しないとダメだよ?

●瑠璃花
……はい。

(その後)結局、我慢できずに定食を買ってしまった……。

●琴音
もう、ルリちゃんったら。
……でも、お腹空きすぎても集中できないよね。

●瑠璃花
どうしよう。食券買ってる間に席が埋まったみたい。
相席しかなさそう。

●琴音
そうだね……。あっ、じゃああそこにしよう。
あの、ひとつ結びの高等部のひとの隣が空いてる。

……あの、すみません。


●千尋
ん~?

●琴音
えと、相席いいですか?
どこもいっぱいで……。

●千尋
ええ、もちろんよ~。
ごはんは大勢で食べたほうが美味しいもの~。

●琴音
あ、ありがとうございます。
では……。

●瑠璃花
っ! こ、このひと、すごい量のごはん……!
定食に、麺類に、売店のパンとデザートのシュークリーム!

それにこのおでん……。
これって、何人かでシェアするやつじゃ……。

●琴音
る、ルリちゃん! そんなこと言ったら失礼だよ~!

●千尋
大丈夫だよ~。はい、お二人にも、
お近づきのシルシにおでんをどうぞ。

●琴音
あ、ありがとうございます。

●瑠璃花
……どうも。

●琴音
って、これ、なんだろう……。

●千尋
それは高野豆腐だね~。
昨日の残り物おでんだから、色々入ってるよ~。

●瑠璃花
ブヨブヨに膨らんでるんだけど……。
空気を吸い込みすぎたガマガエルみたい。

●琴音
ルリちゃん! だから失礼だよ~!

●千尋
あら、面白いこと言うんだねぇ。うふふ~。

●琴音
ごめんなさい。先輩にこんなこと……。

●千尋
気にしないでぇ~。
お喋りしながら食べるごはんは、一番美味しいから~。

●琴音
は、はい……。

ふぅ……。でも良かったです。親切な先輩で……。
怖い人だったらどうしようかと……。

●千尋
本当は怖い人かもよ~?

●琴音
えぇっ!?

●千尋
冗談よ~。うふふ~。

目次へ戻る

想世(アンダー)サイド:第3章「噛みしめるぬくもり」第4話「出会いの連鎖」

ーー1年前の学食

●愛美
ふにゅ~。どこも席がいっぱいみたい……。
エミ、困ったさんかも~。

あのぉ、めちゃりんこごめんなさいなんだけどぉ、
エミもここ、座っていいですかぁ~?


●琴音
め、めちゃりんこ?

●千尋
うん、もちろんだよ~。
どうぞどうぞ~。

●愛美
うふっ、感謝感謝♪

●瑠璃花
うわぁ……。ヤバそうなのが来た……。

●琴音
ルリちゃん! だから高等部の2年生!
先輩だよ~!

●愛美
……や、ヤバくないよ~。
エミは後輩も大好きな、優しい上級生だよ~。

●瑠璃花
…………。

コトちゃん。私、先に部屋戻ってる。

●琴音
ルリちゃん!?

●瑠璃花
勉強、教えてくれてありがとう。
あと先輩、おでんごちそうさまです。

●千尋
うん、また一緒に食べようねぇ~。

●瑠璃花
それじゃ。

●愛美
……ご、ごめんねぇ。なんだかエミ、
邪魔しちゃったみたいでぇ。

●琴音
あの、気を悪くされたらすみません。
あの子、人付き合いが苦手で、幼馴染の私くらいしか……。

●愛美
うんん。エミ、ち~っとも気にしてないよぉ?
残念だけど、エミたちだけで、ランチしよ?

●千尋
そうだねぇ~。じゃあはいコレ。
お近づきのおでんだよ~。

●愛美
わーい♪ ありが……何、これ?

●千尋
ん~、とろろ昆布かなぁ?

●瑠璃花
水難事故に遭った女性の髪みたい。


●琴音
ルリちゃん!

●愛美
……………………わ、わーい。ありがと~。

●千尋
どういたしまして~。
とろろ昆布はぁ、太りにくい身体を作ってくれるんだって~。

●愛美
(小声で)これだけ汁吸ってたら、太りにくいも何もないでしょ……。


●千尋
どうしたのぉ?

●愛美
なんでもな~い! 感謝感謝♪

目次へ戻る

想世(アンダー)サイド:第3章「噛みしめるぬくもり」第5話「おでんの誓い」

ーー1年前の学食

●琴音
あの……エミさん、ですよね?
エミさんは、いつもここでお食事を?


●愛美
そうだよ~。エミ、いまはユニット組んでないから、
お一人様なの~……。しょんぼり~……。

……本当は、誰かと組んだほうがいいんだろうけど、
このひと、ってひとがいなくて……。

もうすぐ最終学年だし、このままピンでってのも
キツイのは分かってるんだけど……。

●琴音
そう、なんですか……。

●愛美
……な、なんちゃって! エミ、ちょっと暗くなっちゃった!
ペコリペコリ♪

……どこかに、いいひとがいるといいんだけどね。

●千尋
うーん、それは難しいと思うなぁ。

●琴音
せ、先輩!?

●愛美
どういうこと?

●千尋
だって、いいひとはたくさんいるよぉ。
悪いひとって、わたしあんまり会ったことないからぁ。

だから出会いって、このおでんと一緒だと思うなぁ。

たまたま、昨日余った具材を入れただけ。
でも、それが意外に美味しかったりするのぉ。

ユニットもきっと、同じじゃないかなぁ。
その日、そのとき会ったひと。それが仲間になるんだよぉ。

●琴音
先輩……。な、なるほど……。

●愛美
そのとき会ったひとが仲間。
……なるほど。

●千尋
さ、それよりも、おでんが冷めないうちに食べてぇ。

●愛美
…………。

……おいしいわ。
とろろ昆布がおでんとこんなにあうなんて。

●千尋
でしょう? うふふ~。

●愛美
…………分かったわ。

ねぇ、聞いてちょうだい、2人とも。
大事な話があるの。

私と、ユニットを組んで頂戴。


目次へ戻る

想世(アンダー)サイド:第3章「噛みしめるぬくもり」第6話「認め合う味覚と気持ち」

ーープロダクション室

●琴音の瘴念人
……というのが、私たちの出会いです。
だから本当に、このおでんみたいに、たまたま出会ったんです。

●千尋の瘴念人
わたしは美味しいおでんになったと思ったんだけどなぁ。
でも、愛美ちゃんにとっては違ったのかも……。

●プロデューサー
そんなことない。

●琴音の瘴念人
でもそれは愛美さんにしか分かりません。
……もう、潮時なのかもしれませんね。


●千尋の瘴念人
元々、アイドルを続けるか悩んでたの~。
わたし、ダンス番長なのにダンスできないし……。

●琴音の瘴念人
私もです。愛美さんがいるから一緒に頑張ってきましたが、
それが愛美さんの邪魔になるなら本末転倒です。

それに、私はハンパ者ですから……。
いざとなれば普通に就職して、働こうと思ってる。

そのために勉強しているのもありますからね。
逃げ道を用意している時点で、本気じゃないんです。

●千尋の瘴念人
プロデューサーさんも、短い間だったけど
お世話になりましたぁ~。

●琴音の瘴念人
行きましょうか、千尋さん。

●千尋の瘴念人
うん~。琴音ちゃん。

●プロデューサー
どこに行くの?

●琴音の瘴念人
分かりません。でも、呼ばれている気がするんです。

●千尋の瘴念人
あっちのほうから、美味しそうな匂いがする~。

●神蔵
おい相棒! ヤバイぞ!
現世<エイドス>へ行こうとしてる!

倒さないと、オリジナルが存在ごと乗っ取られちまうぞ!

●プロデューサー
大丈夫。

●神蔵
大丈夫って……忘れたのか? 瘴念人<ミアノイジー>を
消滅させるには、具現化させなきゃならない。

そのためには、オリジナルのそいつらに、
瘴念人と立ち向かう意志がないと……。

●愛美
話は聞かせてもらったわ。
……ふたりとも、そんなこと考えたのね。

●神蔵
……! 相棒、いつの間にこっちに呼んだんだ?

●愛美
プロデューサーがおでんを食べる前よ。
急に連れて来られて、影から聞いてろって言われたわ。

●千尋
うぅ~……恥ずかしいわぁ~……。

●琴音
なんていうか、その……ごめんなさい……。
色々愛美さんの文句を、その……。

●愛美
文句じゃないでしょ。
悪いのは私よ。

2人の……ええと、瘴念人?
……が、言っていることは最もだわ。

私、焦ってたの。無理やりにでもユニットを組まなきゃって。
そこで2人に出会って、千尋の話を聞いて、2人に決めた。

でもね、聞いて。たしかに最初は、
出来合いで急造のユニットだったわ。

そのはずなのに……千尋、知ってる?
私あの日から、おでんには必ずとろろ昆布を入れるのよ。

●千尋
え? そうなのぉ?

●愛美
そう。あの味がクセになっちゃって、
私のなかでは定番メニューなの。

もう、それナシじゃ考えられないくらい。
そして、それはあなたたちも同じよ。千尋、琴音。

だから、必要ないだなんて思わないで。
私と一緒に、これからもアイドルをして欲しいの。

お願いよ。これ、本気の気持ちだから。
……言ってて、かなり恥ずかしいんだからね。

●琴音
愛美さん……。は、はい!
私も、その……。

●千尋の瘴念人
ああ~……吸い寄せられる~……。


●琴音の瘴念人
あっちへ行けば、楽になれるのかな?

●琴音
……そうでした。あの、瘴念人っていうに
立ち向かわないといけないんですよね。

……分かりました。任せてください。

目次へ戻る

想世(アンダー)サイド:第3章「噛みしめるぬくもり」第7話「自らを知るチカラ」

ーー廊下

●琴音
あの……!

●琴音の瘴念人
えと、私、ですか……?
どうでもいいですけど、そこをどいてもらえませんか?

●琴音
ダメです。だって私は、まだ愛美さんたちと、
アイドル、続けるんですから。

●琴音の瘴念人
ハンパ者、なのにですか?
勉強ばっかりしてるじゃないですか。


●琴音
勉強は……その、少しずつ減らして、
レッスンの時間に充てますから……。


●愛美
芸能科2位っていうのは、大事なブランドよ?
そっちはそっちで頑張って欲しいわね。

●琴音
は、はい! じゃあ両方やります!

●琴音の瘴念人
才能、ありませんよ?

●琴音
そんなの、分かりません!
だって私は、まだ本気でアイドル、やってないから!

私は、愛美さんたちと一緒にアイドル続けたいです!
だから、その……私の邪魔すると、許しませんから!

●琴音の瘴念人
…………そう、ですか。
だったら、仕方ありませんね。

●琴音
わ、分かってくれたんですか!?

●琴音の瘴念人
はい。いくら口で言っても無駄だということが。

●琴音の瘴念人
あなたは大人しく……
ずっとずっと、お勉強だけしてればいいんです!

●琴音
ひっ!?

●神蔵
よし! いまなら相棒の力で叩ける! 行くぞ!

目次へ戻る

想世(アンダー)サイド:第3章「噛みしめるぬくもり」第8話「隠れた本音は香辛料」

ーー廊下

●琴音の瘴念人
そんな……嘘、です……。
私には勉強が……勉強しか、できないの……に……。

●琴音
……勉強、勉強って、私はそれだけじゃありません。
最後まで、失礼な私でしたね……。

それに、知っていますか?

私、アイドルのことはすっごく好きですけど、
勉強するの、別に好きじゃないんですよ……?

あなたの言う通り、それしかないから、やってるだけ。

でもいまは、やれることより、やりたいことを、やりたいんです。

……ごめんなさい。あなたは私が、
現実から目をそむけ続けて生まれたんですよね。

もう二度と、あなたのような悲しい存在は、
生み出さないって誓いますから……。

●琴音の瘴念人
…………。


●愛美
琴音……。

●琴音
……えへへ。やりましたよ、愛美さん。
私、瘴念人<ミアノイジー>をやっつけました!

●愛美
やるじゃないの。ナイスファイトよ。

●千尋
じゃあ、次はわたしの出番かなぁ?

あのぉ~、もしもし~?

●千尋の瘴念人
ん~? どうしたの~?
わたしと入れ替わってくれる気になったぁ?


●千尋
……ごめんなさい。それはできないかなぁ。

わたしには、元の世界に戻って、『Twinkle☆Star』で
おでんを食べるっていう野望があるんだよ~?

●愛美
ずいぶんと小さい野望ね。

●千尋の瘴念人
でもあなた、愛美さんのこと、苦手じゃない。
むしろ、そんなに好きじゃないっていうか~。

●愛美
……えっ。そう、なの?

●千尋
……うん、さすがはわたしだよぉ。
それは否定できないかも。

●愛美
…………千尋。

●千尋
だって愛美ちゃんには、アイドルに対する直向きな気持ちとか、
有言実行する強さがあって……わたしにはないもの。

それこそ、自分が情けなくなるくらいに嫉妬したよ?
一緒に組まないほうが良かったのかなぁ? って、考えたり……。

だから、苦手な部分もある、っていうのが正しいかなぁ。
あなたがわたしなら、分かってるよね?


●千尋の瘴念人
…………。

●千尋
なんでもグイグイって、わたしに押し付けてくるところが
苦手だなぁ~、って思ったりするけどね。

●千尋の瘴念人
そうだねぇ。

●愛美
悪かったわね!

●千尋
それでも……わたし、愛美ちゃんたちと本気で
アイドル続けたいって思ってるよ?

これは嘘なんかじゃなく、わたしの本気の気持ちだよ。
愛美ちゃん。ダンスのできない、ダンス番長でもいいかなぁ?

●愛美
……もう。それは出来るようになりなさいよ。

ちゃんと、レッスンしてあげるから。

●千尋
うふふ~。やっぱり愛美ちゃんは厳しいねぇ~。

●千尋
ということで、あなたはと入れ替わる気はないよ?

●千尋の瘴念人
……絶対後悔すると思うけどなぁ~。

練習がきつくなったら、また愛美さんのこと嫌いになって、
アイドル辞めたいって言い出すよぉ?

●千尋
あはは……そんなことありえないんだから~、って、
ちゃんと言えたらよかったんだけど。

●愛美
なら……千尋はどうしたい?


●千尋
うん……。
少なくとも、いまのわたしは後悔するつもりなんてないかなぁ。

もしかしたら、あなたとまた出会うかも知れないけれど、
いまのわたしは、愛美ちゃんたちと一緒にいたいから。

●千尋の瘴念人
……そう。分かった。そこまで言うなら。

悪役らしく、ジツリョクコーシってやつ、やるね?

目次へ戻る

想世(アンダー)サイド:第3章「噛みしめるぬくもり」第9話「囲む笑みの団欒」

ーー廊下

●千尋の瘴念人
……わたしのこと、忘れないでねぇ。

愛美ちゃんのことが、ちょっとでも嫌だなぁって感じたら、
思い出して?

必ず、また、会いに行くから……。


●神蔵
一件落着だな。これで元の世界に帰れるぞ。
良かったな。

●愛美
良くないわよ!

●神蔵
お、おお?

●愛美
なんなのよ、もう! 私、すっごく傷ついたんだけど!
だって私、千尋に嫌われてるのよ!

●千尋
そんなことないよ~。
ホントにちょっと苦手なだけなんだからぁ。

●愛美
同じことじゃない!

●神蔵
まあ、あれだけ盛大に文句言ったり、
本音をぶちまけてたからな。

瘴念人<ミアノイジー>ってのは、そういう存在だ。
むしろそうしないと、追い払えない。

●琴音
恥ずかしい、です……。
早く記憶を消してください……。

●千尋
愛美ちゃんの顔、怖くて見られないねぇ……。

●愛美
消えたい……。
記憶どころか、存在ごと……。

●神蔵
ま、まあ……なんていうか、おつかれさま。

だけど、乗り越えることで、互いの絆はより強くなった。
……いいものだと思うけどな、青春っぽくて。

ーープロダクション室

●ひなた
わー! おでんだー!
おいしそー!


●和歌
でもどうしたんですか、愛美さん。
急におでんが食べたくなっただなんて……。

●愛美
んー、私にもよく分からないのよ。
でもなんとなく、やらないといけない気がして。

●千尋
おでんは、わたしたちの原点だからね~。

●琴音
あ、はい。そうですね。

●ひなた
原点って、その……ラブ……ラブラブなんとかの?

●愛美
『ラブ・ビューティー』!
おでんの汁かけるわよっ!

●和歌
で、どういう経緯があって『ラブ・ビューティー』は
できたんですか?

●ひなた
プロデューサーは知ってる?

●プロデューサー
知らない。

●愛美
別に話してもいいけど……。

●ひなた
じゃあ教えて!

●愛美
……やっぱりやめておくわ。

●ひなた
ど、どうしてぇ!?

●和歌
隠されると、余計に気になるんですけど……。

●愛美
うん、いい感じで煮えたわね。
みんな、お皿出して。

●ひなた
はーい!

●愛美
えっと、琴音は高野豆腐ね。はい。

●琴音
ありがとうございます。
ふふっ。なんだかとても懐かしいです。

●和歌
高野豆腐!? おでんに!?
しかも懐かしいって何?

●愛美
私は……あ、これこれ。
おでんといえば、とろろ昆布よね~。

●和歌
こ、この鍋、どうなってるんですか?

●琴音
愛美さん、あれ以来もしかして……。

●愛美
ま、まあ、意外に美味しかったから。……悪い?

●琴音
そ、そんなことないです!
むしろ嬉しいっていうか……。

●愛美
嬉しいって、何よ……。

●和歌
『ラブ・ビューティー』に一体どんな過去が……。

●ひなた
なんだか3人だけ分かってて悔しい!
あたしも知りたいよ~!

●愛美
ダメよ。アンタたち2人しか知らない過去があるように、
私たち3人だけの過去があってもいいでしょ?

●琴音
そうですね。私もひなたちゃんと和歌ちゃんを見てて、
ちょっとずるいなぁって思ってました。

●ひなた
琴音ちゃんまで!
もー! 気になるよー!

●千尋
うふふっ。やっぱりみんなで一緒に食べるごはんが、
一番美味しいよねぇ~。

目次へ戻る

青空アンダーガールズ!Re:vengerS ・販売元: SQUARE ENIX Co., Ltd.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ゲーム
・容量: 155.7 MB
・バージョン: 2.0.6
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。

c SQUARE ENIX CO.,LTD. All Rights Reserved.




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.