MorningTec Japan、『アビス・ホライゾン』を巡る仮処分の申立ての経過を明らかに セガは主張書面を提出せず和解協議の申し入れ 開発元が運営を継続


MorningTec Japan、『アビス・ホライゾン』を巡る仮処分の申立ての経過を明らかに セガは主張書面を提出せず和解協議の申し入れ 開発元が運営を継続MorningTec Japanは、この日(1月13日)、「仮処分をめぐる主な経過のご報告」と題して、セガ・インタラクティブとC2プレパラートとの『アビス・ホライズン』の配信の差止を巡る仮処分の命令申立てに関して、これまでの経過を発表した。仮処分の申立て後、10月31日にMorningTecは初回の主張書面と100点以上の証拠を提出した。その後の審尋期日でセガとC2プレパラートが12月7日に書面を提出する期限としていたものの、12月4日、セガから12月7日提出期限の主張書面は提出せず、12月19日に和解協議を行ないたいとの申し入れがあり、12月7日に和解協議を行うことで同意したそうだ。その後、『アビス・ホライゾン』の開発会社である重慶煜顔文化伝播有限公司(以下、煜顔)がグローバル展開のため、直接運営を行うとし、MorningTec Japanに権限委譲を要請した。12月19日の審尋期日の場[...]

MorningTec Japan、『アビス・ホライゾン』を巡る仮処分の申立ての経過を明らかに セガは主張書面を提出せず和解協議の申し入れ 開発元が運営を継続 is a post from: Social Game Info


関連ゲーム



最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.