GameWith、第2四半期は増収減益 タイアップ広告伸長も人件費が利益圧迫


GameWith、第2四半期は増収減益 タイアップ広告伸長も人件費が利益圧迫GameWith<6552>は、1月9日、2019年5月期第2四半期の決算を発表し、売上高15億7500万円(前年の同通期比22.5%増)、営業利益5億4000万円(同19.3%減)、経常利益5億2000万円(同21.5%減)、最終利益3億4800万円(同21.5%減)と増収減益だった。四半期ベースの売上高は過去最高となったが、営業利益はYonYとQonQと共に減少した。その主な理由は人材関連費用の増加が利益を圧迫したことによるもの。この費用の増加は既存事業の積極採用に加え、海外展開や新規事業の分野の人材獲得も含まれており、YonYで71名増加している。第2四半期累計期間の販売費及び一般管理費は前年同期の73%増の4億6300万円、売上原価は同54%増の6億795万円と大幅に増加している。  売上についてはネットワーク広告売上高(Web・アプリ)ではPV数は[...]

GameWith、第2四半期は増収減益 タイアップ広告伸長も人件費が利益圧迫 is a post from: Social Game Info


関連ゲーム



最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.