グリー、中国Shanda Gamesの子会社Leyu Information Technologyと業務提携 『ダンメモ』の中国国内のパブリッシングで


グリー、中国Shanda Gamesの子会社Leyu Information Technologyと業務提携 『ダンメモ』の中国国内のパブリッシングでグリー<3632>とLeyu Information Technology(※)は、ゲーム事業ブランドであるWFSが提供する『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか~メモリア・フレーゼ~』(『ダンメモ』)の中国国内におけるパブリッシング事業での業務提携を発表した。※Leyu Information Technologyは中国Shanda Gamesの子会社。「ダンメモ」は、 大人気テレビアニメ「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」初の本格スマートフォン向けゲームアプリとなる。日本国内向けにはグリーのゲーム事業ブランドであるWFSが2017年6月より配信を開始した。同タイトルの中国での名称は『地城邂逅:记忆憧憬』となっている。 ■関連サイト Google PlayApp Store(C)大森藤ノ・SBクリエイティブ/劇場版ダンまち製[...]

グリー、中国Shanda Gamesの子会社Leyu Information Technologyと業務提携 『ダンメモ』の中国国内のパブリッシングで is a post from: Social Game Info


関連ゲーム



最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.