アクセルマーク、第1四半期の営業損益は1.43億円と赤字幅拡大 複数タイトルでの不具合や新作開発費用で 広告事業の収益性低下も影響


アクセルマーク、第1四半期の営業損益は1.43億円と赤字幅拡大 複数タイトルでの不具合や新作開発費用で 広告事業の収益性低下も影響アクセルマーク<3624>は、本日2月14日、第1四半期(2018年10月~12月)の連結決算を発表し、売上高7億1300万円(前年同期比16.3%増)、営業損益1億4300万円の赤字(前年同期6900万円の赤字)、経常損益1億4400万円の赤字(同7000万円の赤字)、最終損益1億4500万円の赤字(同7100万円の赤字)と増収・赤字幅拡大となった。 ゲーム事業は、売上高2億6800万円(同28.1%増)、セグメント損益8400万円の赤字(前年同期は2900万円の赤字)だった。「幽☆遊☆白書 100%本気(マジ)バトル」が本格的に売上に寄与したものの、自社で配信していた「ワールドクロスサーガ -時と少女と鏡の扉-」の運営主体を他社に変更したことや、 複数ゲームタイトルで不具合によるメンテナンス等が発生したことで、一時的にゲームがプレイできない状況が発生したことで、売[...]

アクセルマーク、第1四半期の営業損益は1.43億円と赤字幅拡大 複数タイトルでの不具合や新作開発費用で 広告事業の収益性低下も影響 is a post from: Social Game Info


関連ゲーム



最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.