エクストリーム、スマホ版『ラングリッサー』の中華圏でのヒットを受けて18年3月期の業績予想を上方修正…営業利益を1.63億円→9.42億円に大幅増額



エクストリーム、スマホ版『ラングリッサー』の中華圏でのヒットを受けて18年3月期の業績予想を上方修正…営業利益を1.63億円→9.42億円に大幅増額エクストリーム<6033>は、2月14日、2019年3月期の連結業績予想を上方修正し、売上高63億0800万円(前回予想56億9000万円)、営業利益9億4200万円(同1億6300万円)、経常利益8億4500万円(同1億6500万円)、最終利益5億2200万円(同1億6500万円)とした。従来予想からの修正率は、売上高が10.9%増、営業利益が475.8%増、経常利益が412.1%増、最終利益が421.8%増となった。 同社では、スマートフォン版ゲームアプリ『ラングリッサー』が中国と台湾、香港、マカオでヒットしたことで、配信元である天津紫龍奇点互動娯楽有限公司を通じてゲームの販売額に応じたロイヤリティ収益が発生したため、としている。収益の取り込みは、2018年8月から2019年1月までの6ヶ月間の数字となる見通しだ。1月にリリースした英語版のロイヤリティ収益について[...]

エクストリーム、スマホ版『ラングリッサー』の中華圏でのヒットを受けて18年3月期の業績予想を上方修正…営業利益を1.63億円→9.42億円に大幅増額 is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.