カヤック、2018年12月期は3億9100万円の営業赤字に転落 新作不振のソーシャルゲームの売上が減少



カヤック、2018年12月期は3億9100万円の営業赤字に転落 新作不振のソーシャルゲームの売上が減少カヤック<3904>は、本日2月14日、2018年12月通期の連結決算を発表し、売上高58億1600万円(前の期比4.4%減)、営業損益3億9100万円の赤字(前の期は6億7500万円の黒字)、経常損益3億4700万円の赤字(同7億3700万円の黒字)、最終損益2億5300万円の赤字(同5億0700万円の黒字)だった。 「プラコレWedding」など新規サービスの売上が伸びたものの、ソーシャルゲームの不振が響いた。「ぼくらの甲子園!ポケット」や「キン肉マン マッスルショット」が大半を占めているなか、「東京プリズン」など新作をリリースした。しかし新作はいずれも想定した売上水準に届かず、クローズすることになったという。続く2019年12月期は、売上高70億円(前期比20.3%増減)、営業利益ゼロ、経常利益ゼロ、最終利益ゼロを見込む。 [...]

カヤック、2018年12月期は3億9100万円の営業赤字に転落 新作不振のソーシャルゲームの売上が減少 is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.