全国のプレイヤーと3分間のオンライン対戦!位置ゲー要素もあるリアルタイム戦国ストラテジー「戦国クロニクル」レビュー



戦国クロニクル

戦国クロニクル

対戦型タワーディフェンスに歴史改変もの戦国SFが同居。

戦国時代を舞台にした3分間の対戦ストラテジー

「戦国クロニクル」は全国のプレイヤーと3分間のオンライン対戦を楽しめる戦国対戦型タワーディフェンス。

集めた武将を出陣させ、戦略を巡らせ有利を作り、奥義を駆使して相手の城を攻め落としていく。

位置情報を利用した探索要素もあり、RPG風の育成も楽しめる。戦国時代を舞台に、さまざまな「Ifストーリー」が交差する「物語」も見ものだ。

さまざまな武将達と「if」を体験できる多彩なシナリオ

戦国クロニクル

信長は生きていた…!?戦国の「if」を楽しめるストーリー。

織田信長は生きていた…!?武田信玄は影武者だった?徳川家康は悪人だった?

主人公は歴史を守るタイムレンジャーと共に行動し、長篠の戦いや関が原など、有名な合戦を戦っていく。

戦国時代を舞台に、さまざまな武将達のもしもの話を体験できる多彩なシナリオにも注目したい。

「戦国クロニクル」の特徴は充実したストーリーとクラロワにない新要素

「戦国クロニクル」

位置情報ゲーの要素もあるのがユニーク。もすこし人口増えてくれー。

本作も対戦型タワーディフェンスの金字塔「クラッシュ・ロワイヤル(クラロワ)」を踏襲しており、タワーディフェンスにカードRPG要素やオンライン対戦を融合させている。

ルールややり心地は概ね一緒なのだが、各武将を鍛えたり武将ごとにスキル(必殺技)が用意されていたり、位置ゲー要素があったりと独自要素が多い。和の雰囲気も斬新だ。

ストーリーモードが充実し、ソロでも十分に楽しい

「戦国クロニクル」

明智光秀は物語にどう絡んでくるのか?緊張の瞬間。

その中でも特筆したいのが濃厚に描かれるストーリーモードだ。

戦国時代を舞台に歴史を改変させていく。ロマンある設定が充実したテキストで描かれる。

今まで、多くのクラロワ型対戦型タワーディフェンスではなかったストーリーモードはかなり嬉しい。キャラクターも今風のRPGっぽい。

バトル時ユニットが皆同じ表記だったりと、もう少し頑張って欲しいところもあったが、兵種も豊富でクオリティは高い。

ゲームの流れ

「戦国クロニクル」

時は戦国!関ヶ原で覇王を目指す徳川家康。

だがそこに突如現れる織田信長!我々の知らない「戦国」が幕を開ける…!

 

戦国クロニクル

手軽に出撃できる「足軽」、遠距離攻撃で威圧する「鉄砲」。

得意不得意とコストが違う兵種が存在する。この相性を把握するのが勝利の秘訣だ。

 

「戦国クロニクル」

バトル中に貯まったゲージを使うと、総大将の「奥義」を使用可能。

ゲージが溜まった時にドラッグ&ドロップするの、わかりづらかったのでここに再度書いておきますぞ!

 

戦国クロニクル

もちろんクラロワよろしくオンライン対戦も充実。

現在はまだマッチングがちょっと弱いけど面白いんだし流行って欲しい。

 

戦国クロニクル

Yahooマップと連動した位置情報ゲー要素も実装予定。

ご当地でログインすることで有名武将が手に入るかも。今のところは無料ガチャに近い感じで報酬を獲得できる。

「戦国クロニクル」攻略のコツ

戦国クロニクル

基本的にはレアリティの高い武将が強い。だが戦略が大事。

レアリティも大事だが、それ以上に各兵種の相性や組み合わせで有利に立ちコストを節約することがこの手のゲームの勝利の秘訣。

足軽を矢や鉄砲で撃退し、武将を縦にして遠距離からフルボッコにするなどしていくのがセオリーだ。

それでも勝てなかったら★の高い武将を集め、強化していくしかないが、まずは得手不得手を把握し、コストを節約して一気にタワーを滅ぼしていこう。

あと、わかりづらかったのでもう一度書くけど、奥義の発動はゲージが溜まってからドラッグドロップで範囲を指定して発動ね(チュートリアルはちゃんと読もう)。

位置情報ゲーでガチャのおこぼれを貰おう。

戦国クロニクル

なかなかユニークな位置情報ゲー。電車通勤する人は随所でやってみるとよい。

ガチャを引きまくるために、各ステージを★3でクリアし報酬をゲットしたいところ。

効率は落ちるかもしれないが、奥義を使う、全タワーを滅ぼす、などミッションをこなして小判をゲットしよう。

あと、友達やご近所さんがガチャを引き、武将を獲得したら、「おこぼれ」をちょうだいできることも。

都心に住んでいるユーザーは新宿や渋谷などでガチャを引くと報酬をシェアできたり受け取れることもあるかもしれないね。




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.