創通、第2四半期は23%減収も営業増益を達成 アニメ苦戦も高利益のライツ伸長 ガンダム関連やその他製作委員会からの収入が増加



創通、第2四半期は23%減収も営業増益を達成 アニメ苦戦も高利益のライツ伸長 ガンダム関連やその他製作委員会からの収入が増加創通<3711>は、本日(4月11日)、第2四半期累計(2018年9月~2019年2月)の連結決算を発表し、売上高68億3600万円(前年同期比23.2%減)、営業利益13億6300万円(同5.9%増)、経常利益13億7400万円(同1.1%増)、最終利益9億3700万円(同2.0%減)だった。23%もの減収となったものの、営業増益となったのは、「ガンダム」シリーズや、その他シリーズ作品の版権収入や分配金収入が伸びるなど利益率の高いライツ事業が好調だったためだ。 (メディア事業)売上高38億2900万円(同40.8%減)、営業利益2億0800万円(同36.0%減)だった。継続番組である「それいけ!アンパンマン」の他、「色づく世界の明日から」、「ガーリー・エアフォース」等の新作テレビアニメーション番組等についての製作出資・製作委員会の組成・共同運営並びにプロデュース事業[...]

創通、第2四半期は23%減収も営業増益を達成 アニメ苦戦も高利益のライツ伸長 ガンダム関連やその他製作委員会からの収入が増加 is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.