ハピネット、19年3月期の営業益予想を50億円から45億円に下方修正 自社オリジナル玩具の滞留在庫の評価損失を計上



ハピネット、19年3月期の営業益予想を50億円から45億円に下方修正 自社オリジナル玩具の滞留在庫の評価損失を計上玩具卸大手のハピネット<7552>は、4月11日、2019年3月期の連結業績予想を下方修正し、営業利益を従来予想の50億円から45億円、経常利益を48億円から43億円、最終利益を32億円から27億円にそれぞれ引き下げた。売上高については、2300億円から2400億円に引き上げた。従来予想からの修正率は、売上高が4.3%増、営業利益が10.0%減、経常利益が10.4%減、最終利益が15.6%減となる。 同社では、玩具事業において、同社オリジナル玩具を中心に滞留在庫の評価損失を計上したため、としている。[...]

ハピネット、19年3月期の営業益予想を50億円から45億円に下方修正 自社オリジナル玩具の滞留在庫の評価損失を計上 is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.