ベクター、オンラインゲーム事業の売却先をライオンズフィルムに決定 自社運営7タイトルと他社タイトルの営業権を売却



ベクター、オンラインゲーム事業の売却先をライオンズフィルムに決定 自社運営7タイトルと他社タイトルの営業権を売却ベクター<2656>は、4月12日、オンラインゲーム事業譲渡をライオンズフィルムに譲渡すると発表した。譲渡内容は、ベクターが運営しているゲーム7タイトルに関する資産、および同社のゲームポータルサイト『Vector Game』で取り扱っている他社ゲームタイトルの営業権となる。譲渡価格及び決済方法は譲渡後の一定期間、オンラインゲームの売上の一部を金銭で受け取るという。■譲渡タイトル『ガディウス』『ディヴァイン・グリモワール』『ソラノヴァ』『ドラゴニックエイジ』『ヘクサウォーズ』『アステリアの伝説』『ドラゴンリベンジ』■相手先の概要■日程 [...]

ベクター、オンラインゲーム事業の売却先をライオンズフィルムに決定 自社運営7タイトルと他社タイトルの営業権を売却 is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.