【ゲーム株概況(4/12)】上方修正のSHIFTが高い アナリストレポートを手がかりにユークス堅調 ケイブは引けにかけて下げ渋る



【ゲーム株概況(4/12)】上方修正のSHIFTが高い アナリストレポートを手がかりにユークス堅調 ケイブは引けにかけて下げ渋る4月12日の東京株式市場では、日経平均株価は続伸。前日比159.18円高の2万1870.56円と終値ベースで年初来高値を更新した。日米通商交渉や週末を控えて手控えムードが広がる中、指数寄与度の大きいファーストリテイリングが大幅高となり、指数を押し上げた。こうしたなか、ゲーム関連株を見ると、SHIFT<3697>が急騰。上方修正が好感された。2019年8月期の営業利益予想を14億円から15億円に引き上げた。IT投資が大きい金融・流通業界を注力領域として定め新規顧客の獲得と顧客内での拡大に取り組んた結果としている。ユークス<4334>もしっかり。岩井コスモ証券が4月11日付で投資判断「A」、目標株価860円でカバーを開始したことが材料視されたようだ。ケイブ<3760>が続落。前日の第3四半期決算で営業損益の赤字幅が前年同期の4200万円の赤字から5億7500[...]

【ゲーム株概況(4/12)】上方修正のSHIFTが高い アナリストレポートを手がかりにユークス堅調 ケイブは引けにかけて下げ渋る is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.