【18年12月~19年2月決算振り返り】新作投入も苦戦したエディアとケイブ 『うたプリ』と『Z/X』で増益のブロッコリーは30億円投じて再成長目指す



【18年12月~19年2月決算振り返り】新作投入も苦戦したエディアとケイブ 『うたプリ』と『Z/X』で増益のブロッコリーは30億円投じて再成長目指す2018年12月~2019年2月の決算発表は終盤に差し掛かってきた。4月15日で概ね完了する。これまでを簡単に振り返ると、ゲーム系で注目を集めたのは、エディア<3935>とケイブ<3760>だった。新作を投入したが、いずれも苦戦し赤字と厳しい内容だった。両社とも、ファイナンスを行うが、いずれも資金調達手法の多様化と、資本市場が良好な状況にあるからこそ可能になっている側面がある。収益回復への道筋が求められるが、エディアは音楽や出版など非ゲーム事業の育成と他社開発タイトルの運営など収益の多様化を進めることで、そして、ケイブはAKSやでらゲーと組んで世界展開・複数デバイス展開を前提とした新作ゲームの開発を行うようだ。他方、底打ちから反転したのがブロッコリー<2706>だ。ここ数年は減益基調にあったが、『うたの☆プリンスさまっ♪』やゲームアプリ『うたのプリンスさ[...]

【18年12月~19年2月決算振り返り】新作投入も苦戦したエディアとケイブ 『うたプリ』と『Z/X』で増益のブロッコリーは30億円投じて再成長目指す is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.