ボルテージ、脚本家・森下佳子さんが登壇したコンテンツ業界交流イベント「心を動かすストーリー作りのメソッド」の公式レポートを公開! 



ボルテージ、脚本家・森下佳子さんが登壇したコンテンツ業界交流イベント「心を動かすストーリー作りのメソッド」の公式レポートを公開! ボルテージ<3639>は、2019年3月28日に、 コンテンツ業界交流イベント「ヒットクリエイトMeeting!」を開催した。第一回目となる今回は、「JIN-仁- 」「義母と娘のブルース」などのヒット作を手掛け、 数々の受賞歴もある脚本家・森下佳子さんを招き、「心を動かすストーリー作りのメソッド」をテーマに取締役副会長の東奈々子氏と「天下統一恋の乱 Love Ballad」ディレクター・長島麻衣子氏の3人でトークショーを実施した。公式レポートをお届けしよう。 <以下、公式レポートより>◆原点は少女漫画、 20代で会社を辞めて脚本の道へ 東:脚本家になられたきっかけは何でしょうか?森下さん(以下敬称略):学生時代に演劇をしていて、 就職しても演劇への熱がさめやらずそのまま続けていました。 社会人になると学生と違って演劇に向き合う時間が取れなくなり、 会社を辞め[...]

ボルテージ、脚本家・森下佳子さんが登壇したコンテンツ業界交流イベント「心を動かすストーリー作りのメソッド」の公式レポートを公開!  is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.