古き良きドット絵RPGのワクワク感がつまっている『ラストクラウディア』をレビュー



アイディスより、4月15日に配信された新作RPG『ラストクラウディア(以下、ラスクラ)』(iOS/Android)のレビューをお届けします。(文:唐傘)

王道RPGってやっぱり最高!!


とても楽しみにしていたので配信日に嬉々としてプレイをスタートしたのですが、王道の物語だったり、作品に込められた熱量だったり、懐かしいコンシューマ作品を感じさせつつもスマホ向けに最適化された本作はやっぱりおもしろいなと思いました。

物語は帝国の熱血騎士である主人公・カイルとその相棒の魔獣・レイが、救出任務で出会った少女・ティリアと出会ったことで国家に関わる陰謀に巻き込まれていくという内容です。


飛空艇同士の激しいバトルの様子を描いた美麗なオープニングムービ—が終わると、背景は3Dテイストのままキャラが懐かし感じのするドット絵に変化します。このドット絵がとても丁寧に作られていて、「こんなに動かさなくてもいいんじゃない?」ってくらいさまざまなアクションをするんですよ。しかも味方ユニットだけでなく、バトルで登場する敵までそうなのですからドット表現への深い愛とこだわりを感じずにはいられません。

ちなみに会話中に登場する立ち絵の髪がゆれたり、背景の海で絶え間なく波が打ち寄せたり、『ラスクラ』は止まることを知らないらしく画面のどこかがずっと動いているのもすごいです!


ストーリーの見どころは、何といってもカイルとレイの友情でしょう。二人は物語開始時から絆がしっかりと結ばれた相棒同士。たわいのないことで喧嘩もしますが、お互いを認め合っている感じが会話の端々から伝わってきて微笑ましいです。

ただレイが、昔の記憶を失っているという気がかりな点も……。過去を知りたいけど、それが原因で2人が離ればなれになるなんてこともあったりするのでしょうか? 現在ドキドキしつつ、物語を読み進めています。


カイルやレイの絆だけでなく、未知の魔獣の出現、いかにも強そうな帝国の十賢臣(しかも、一枚岩じゃない)、ティリアの抱えた秘密など、RPGの王道を行く熱い展開を楽しむことが可能です。ヒロインはやっぱり◯◯◯◯◯し、主人公も1回くらい××に入れられますよね!!


とても骨太な物語ですがほどよくコミカルな会話もお散りばめられていて、思わずクスッとしてしまうシーンも。とくに帝国で出会う某騎士はすごくいい味を出していて、敵キャラではあるのですがまた会いたいと思ったほどでした。メインキャラクターも、ボケとツッコミのバランスがよくて見ていて楽しいです。

コミカルといえば、すごいなと思ったのがシーンの雰囲気によってBGMも変わること!! ギャグシーンでは、ちゃんと少し力が抜けるような曲になります。バトル中に流れる挿入歌などもステキなので、可能なときはぜひ音を出して遊んでほしいです。


アークで自分だけの最強ユニットを育てるべし

バトルはユニットが自動でターゲットを選択&攻撃をしてくれるセミオート形式で、ボタンを押すだけでアクションRPGような戦闘を手軽に楽しむことが可能です。


各ユニットの特技(時間経過で使用可能になる)や超必殺技(バトルエーテルをためる)が強力なので、アクションRPGが苦手な人でもそのボタンを押すだけでサクサクバトルが進んでいきます。


逆に上級者は魔法や召喚で敵に大ダメージを与えたり、ボスをブレイク(攻撃でHP下のゲージを減らすと発動)させたり、戦略的なバトルをすることもできます。

物語を一定まで進めると移動も含めて自分で操作できる「マニュアルドライブ」と、一度クリアしたクエストでオート操作ができる「オートドライブ」が購入できるようになります。

よりアクションRPGに近いバトルを楽しむもよし、オートで手軽にプレイするもよし、自分のプレイスタイルに合わせて遊べるのがうれしいです。


パーティは3人+サポート(フレンド)1人の最大4人まで。カイルやレイなど主要キャラクターのほかに、ガチャなどで入手できるユニットを使用することができます。

主要キャラクターのバランスがいいので、ユニットを使用しなくてもストーリー攻略に困ることはありません。ちなみに私はカイルやレイたちが好きすぎて、メインストーリーは基本主要キャラという縛りプレイで遊んでいます。

ただ、ユニットもそれぞれ魅力的なんですよね。個別のストーリーが用意されていて、読むほど愛着がましていくキャラばかりです!!


ガチャに登場するユニットはSSR以上と手に入れるのが大変に思えますが、それぞれに対応する「◯◯の魂」を集めることでもゲットできます。「◯◯の魂」はフレンドガチャや、ストーリーを進めると解放される討伐などで入手できるのでコツコツプレイしていけばいつか会えるはずです。


本作ならではのシステムとして、古代文明の遺産「アーク」があります。「アーク」は装備することでステータスを強化できるほか、条件を満たすことでスキルや魔法を習得できる便利なもの! デザインがどれも秀逸(装備には見えないものばかりですが)で、スノードームや置物としてグッズ化されることを期待してしまいます。


アークはなくなることはないので1つ覚えたらまた別のものと、ユニットにいろいろ覚えさせられるのも魅力的。カイルに回復魔法「キュア」を覚えさせたり、レイに攻撃力アップスキルをつけたり、自分好みのカスタマイズすればバトルがより楽しくなりますよ。


ほかにもゲーム内で入手できるアイテムだけで限界突破可能、能力開放で新スキルを覚えるなど、育成要素がたくさん用意されているのでどこまで強くなれるか探求するのもおもしろそうです。


アイテムのテキストまで……細部まで見逃せない仕掛けが多数

マップに、宝箱がそっと隠されていることをご存じですか?
本作には、そんな遊び心のある仕掛けがたくさん用意されています。


個人的に驚いたのが、アイテムに通常の説明のほか詳細という項目があることです。そのアイテムが大陸のどのあたりで入手できるのかや、まつわる逸話などが個別で用意されているんです。数えてみたら1つのアイテムあたり約180文字前後もあって、全部につけたのかと思うとその情熱(と苦労)に感動を覚えます。


またユニットやアークの図鑑にそれぞれのエピソードが記録されているのですが、こちらも読み応えがある内容になっていますよ。ユニットやアークのレベルを上げることで、エピソードが解放されていくので育てる楽しみが増えますね。

こういう説明があるだけで世界に深みが増しますし、キャラや国々が少し身近に感じられる気がして嬉しい気持ちになります。みなさんもお時間があるときに、読んでいただきたいです。


まとめ:時間を忘れてずっと遊んでいられる熱いRPG

物語の続きは気になるし、ユニットは育成したいし、図鑑のエピソードも読みたいし……。スタミナ制限もなく、やれることもたくさんあるため何時間でも遊べる時間泥棒な作品です。
7月14日まで事前登録キャンペーン報酬としてクリスタル3000個(ガチャ10連分)とポックルの魂がもらえるので、この機会を逃さずプレイしてみてくださいね。

ラストクラウディア ・販売元: AIDIS, INC
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ゲーム
・容量: 170.6 MB
・バージョン: 1.0.3
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.