【ゲーム株概況(4/23)】エクストリームとの合弁会社設立発表のオルトプラスが買われる モバイルファクトリーが続落 任天堂も反動売りが続く



【ゲーム株概況(4/23)】エクストリームとの合弁会社設立発表のオルトプラスが買われる モバイルファクトリーが続落 任天堂も反動売りが続く4月23日の東京株式市場では、日経平均株価は3日続伸し、前日比41.84円高の2万2259.74円で取引を終えた。朝方は下げ幅100円超まで売られる場面があったものの、内需・ディフェンシブ株への物色の流れから後場に入ってプラス圏に浮上した。そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、全般に方向感に欠ける中で、オルトプラス<3672>やギークス<7060>などが買われた。オルトプラスは、前日4月22日にエクストリーム<6033>との合弁会社を2019年6月に設立し、オフショア開発拠点を活用した開発受託、人材ビジネスを共同で推進すると発表したことが市場からポジティブに受け止められているようだ。また、明日4月24日に第2四半期決算の発表を控えるサイバーエージェント<4751>のほか、enish<3667>やネクソン<3659>[...]

【ゲーム株概況(4/23)】エクストリームとの合弁会社設立発表のオルトプラスが買われる モバイルファクトリーが続落 任天堂も反動売りが続く is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.