【決算分析】LINEの1Q決算説明資料より…広告・コミュニケーション・コンテンツなどのコア事業は増収増益 LINE Payなどの戦略投資が続く



【決算分析】LINEの1Q決算説明資料より…広告・コミュニケーション・コンテンツなどのコア事業は増収増益 LINE Payなどの戦略投資が続くLINE<3938>が本日(4月24日)発表した2019年12月期の第1四半期(1~3月)の連結決算(IFRS)は、売上収益553億円(前年同期比13.5%増)、営業損益78億円の赤字(前年同期12億円の黒字)、最終損益103億円の赤字(同13億円の赤字)と営業赤字に転落した。今回はLINEが開示した第1四半期の決算説明資料から、その決算内容を分析してみたい。 ■広告・コミュニケーション・コンテンツなどコア事業は順調まずは同社のコア事業(広告・コミュニケーション・コンテンツなど)について見てみると、こちらは売上収益が前年同期比12.3%増、前四半期比3.2%増となり、営業利益も同2.4%増、同56.6%増となるなど順調な推移となっている。一方で、戦略事業(LINE PayやAI、Friends、Eコマースなど)は、売上高こそ前年同期比21.8%増となっているものの、営[...]

【決算分析】LINEの1Q決算説明資料より…広告・コミュニケーション・コンテンツなどのコア事業は増収増益 LINE Payなどの戦略投資が続く is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.