カドカワ、19年3月期の連結業績予想を上方修正…子会社フロム・ソフトウェアの新作好調などで ドワンゴの事業見直し、構造改革費用も織り込む



カドカワ、19年3月期の連結業績予想を上方修正…子会社フロム・ソフトウェアの新作好調などで ドワンゴの事業見直し、構造改革費用も織り込むカドカワ<9468>は、4月25日、2019年3月期の連結業績予想の修正を発表、売上高は従来予想2070億円から2086億円(増減率0.8%増)、営業利益は同19億円から27億円(同42.1%増)、経常利益は同29億円から42億円(同44.8%増)、最終損益は同43億円の赤字から41億円の赤字にいずれも上方修正された。 映像・ゲーム事業において、3月22日に世界で同時発売されたアクションアドベンチャーゲーム『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』(連結子会社フロム・ソフトウェアと米Activision社の共同開発作品)が当初予想を上回る販売実績を記録したことに加え、出版事業で書籍、電子書籍・電子雑誌の売上が好調に推移した。一方、Webサービス事業で連結子会社ドワンゴの事業見直し・事業撤退にかかる費用を10億9600万円追加計上したものの、それを吸収して営[...]

カドカワ、19年3月期の連結業績予想を上方修正…子会社フロム・ソフトウェアの新作好調などで ドワンゴの事業見直し、構造改革費用も織り込む is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.