セコム、AGC、DeNA、NTT ドコモの4社がAIを活用して等身大バーチャルキャラが警備・受付業務を提供する「バーチャル警備システム」を開発 5Gを視野に入れ2020年発売予定



セコム、AGC、DeNA、NTT ドコモの4社がAIを活用して等身大バーチャルキャラが警備・受付業務を提供する「バーチャル警備システム」を開発 5Gを視野に入れ2020年発売予定セコム<9735>、AGC<5201>、ディー・エヌ・エー(DeNA)<2432>、NTTドコモ<9437>は、世界初(※2019年4月現在 セコム調べ)となるAIを活用した警戒監視などの警備や受付業務が提供可能な「バーチャル警備システム」の試作機を開発。現在、2020年の発売に向けて実用化を進めていることを発表した。▲「バーチャル警備員」。AIで来訪者への応対が可能。日本社会は深刻な人手不足に直面しており、警備業においては有効求人倍率が約9倍(※厚生労働省「一般職業紹介状況(平成31年1月分)」)に達するなど、高まるセキュリティニーズと、それを担う人材の量的なアンマッチが生じている。特に有人施設などにおいて、常駐警備員に頼った警備を維持・拡大していくことは人件費の影響によるサービス価格の高騰を招く恐れもあり、社会に広く「安全・安心」を普及さ[...]

セコム、AGC、DeNA、NTT ドコモの4社がAIを活用して等身大バーチャルキャラが警備・受付業務を提供する「バーチャル警備システム」を開発 5Gを視野に入れ2020年発売予定 is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.