グリー、3Q期間(1~3月)はQonQでは売上高0.9%減、営業益5.9%増と増益に 既存アプリのグローバル展開進む 運営効率化で利益率も改善



グリー、3Q期間(1~3月)はQonQでは売上高0.9%減、営業益5.9%増と増益に 既存アプリのグローバル展開進む 運営効率化で利益率も改善グリー<3632>は、4月26日、2019年6月期の第3四半期累計(7~3月)の連結決算を発表、売上高535億円(前年同期比9.2%減)、営業利益41億円(同47.1%減)、経常利益44億円(同47.6%減)、最終利益34億円(同40.3%減)となった。 主力のゲーム・エンタメ事業では、既存のスマートフォン向けゲームアプリの継続的な運営と海外展開へ向けた準備を進めながら、新規タイトルの開発を進め、3本の既存タイトルの海外展開と展開エリアの拡大が実現した。業績を四半期推移(QonQ)で見てみると、第3四半期期間(1~3月)の売上高は前四半期比0.9%減の176億円と減収となったものの、営業利益は同5.9%増の15億円、経常利益は同6.6%増の14億円、最終利益は同10.6%増の12億円となった。ウェブゲームの減衰が続いたものの、既存アプリゲームである『アナザーエデン』や[...]

グリー、3Q期間(1~3月)はQonQでは売上高0.9%減、営業益5.9%増と増益に 既存アプリのグローバル展開進む 運営効率化で利益率も改善 is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.