セガサミーHD、19年3月期は売上高2.5%増、営業益26.2%減に デジタルゲーム分野で新作タイトルが苦戦、当初想定を大幅に下回る結果に



セガサミーHD、19年3月期は売上高2.5%増、営業益26.2%減に デジタルゲーム分野で新作タイトルが苦戦、当初想定を大幅に下回る結果にセガサミーホールディングス<6460>は、4月26日、2019年3月期の連結決算を発表、売上高3316億円(前々期比2.5%増)、営業利益130億円(同26.2%減)、経常利益74億円(同48.6%減)、最終利益26億円(同70.4%減)となった。 セグメント別の状況は以下のとおり。①遊技機事業…売上高1014億円(前々期比4.0%減)、営業利益134億円(同13.1%増)パチスロ遊技機には5.9号機に加え、6号機やジーグ社製の筐体の投入を開始し、6万7000台の販売(前期は8万5000台の販売)となった。パチンコ遊技機は、旧基準機を中心に販売を行い、15万9000台の販売(前期は14万台の販売)となった。②エンタテインメントコンテンツ事業…売上高2196億円(同比5.6%増)、営業利益98億円(同33.6%減)デジタルゲーム分野は、複数の[...]

セガサミーHD、19年3月期は売上高2.5%増、営業益26.2%減に デジタルゲーム分野で新作タイトルが苦戦、当初想定を大幅に下回る結果に is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.