ソニー、19年3月期のゲーム事業の営業利益は75%増の3110億円と大幅増 20年3月期は次世代機の開発費などで10%の減益見通し



ソニー、19年3月期のゲーム事業の営業利益は75%増の3110億円と大幅増 20年3月期は次世代機の開発費などで10%の減益見通しソニー<6758>のゲーム事業を展開するゲーム&ネットワークサービスの2019年3月期の業績は、売上高が前の期比18.9%増の2兆3108億円、営業利益が同75.3%増の3110億円と大幅な増益を達成した。同社では、「プレイステーション4」のハードウェアが減収だったものの、ゲームソフトの増収と有料会員サービス「プレイステーション プラス」の加入者数の増加が増収増益の要因になった、としている。2020年3月期は、売上高が微減の2兆3000億円、営業利益が前期比10.0%減の2800億円を見込む。業績予想の前提は、「プレイステーション4」のハードウェアの販売台数減と為替による減収が予想される一方、ゲームソフトの販売増加でカバーし、売上は前年並みとなる。利益面では、次世代機の開発にかかる費用の増加や、収益性が高い自社制作ゲームソフトの貢献度の減少などの影響でマイナスとなる見通しだ。&[...]

ソニー、19年3月期のゲーム事業の営業利益は75%増の3110億円と大幅増 20年3月期は次世代機の開発費などで10%の減益見通し is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.