BOI、2Qは売上高13%減、営業益36%増 既存タイトルの売上減に加え、『征戦!エクスカリバー』のサービス終了で減収に プロモ抑制で利益率改善



BOI、2Qは売上高13%減、営業益36%増 既存タイトルの売上減に加え、『征戦!エクスカリバー』のサービス終了で減収に プロモ抑制で利益率改善バンク・オブ・イノベーション(BOI)<4393>は、4月26日、2019年9月期の第2四半期累計(10~3月)の決算(非連結)を発表、売上高23億4700万円(前年同期比13.0%減)、営業利益3億6900万円(同36.6%増)、経常利益3億6300万円(同38.4%増)、最終利益2億4800万円(同37.4%増)となった。 継続的に取り組んでいるプロモーションの効率化が影響し、既存タイトルの売上高が減少したことに加え、『征戦!エクスカリバー』のサービス終了による課金停止の影響もあり、売上高は減収となったものの、プロモーションの効率化による費用の減少で大幅な増益を達成した。新作については、2タイトルのRPGの開発を進めているが、リリース時期は来期以降となる見通し。また、既存タイトルの海外展開については、『ミトラスフィア』と『幻獣契約クリプトラクト』の中国本土進出の準[...]

BOI、2Qは売上高13%減、営業益36%増 既存タイトルの売上減に加え、『征戦!エクスカリバー』のサービス終了で減収に プロモ抑制で利益率改善 is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.