ファンコミ、第1四半期の営業益は20%減の9.6億円…ITPや検索アルゴリズムの変更の影響、adcropsはサービス終了



ファンコミ、第1四半期の営業益は20%減の9.6億円…ITPや検索アルゴリズムの変更の影響、adcropsはサービス終了ファンコミュニケーションズ<2461>は、5月8日、第1四半期(1~3月)の連結決算を発表し、売上高87億2400万円(前年同期比3.4%減)、営業利益9億6400万円(同20.1%減)、経常利益9億6700万円(同21.1%減)、最終利益6億2800万円(同23.3%減)と減収減益での着地となった。 同社では、その要因について、ITPや検索アルゴリズムの変更などの影響によって減収となったことに加え、パートナーサイトの広告枠の確保などにより利益率が悪化した、と説明している。また最終利益については、子会社のシーサーで繰延税金資産の取崩しを行ったとのこと。■CPA型アドネットワーク事業売上高60億8900万円(同1.5%減)、全社費用控除前の営業利益10億1700万円(同12.2%減)だった。ITPへの継続的な対応やadcropsの広告配信を停止しseedApp(シードア[...]

ファンコミ、第1四半期の営業益は20%減の9.6億円…ITPや検索アルゴリズムの変更の影響、adcropsはサービス終了 is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.