SANKYO、2019年3月期の営業利益は倍増の212億円…新規則機を業界に先駆けて投入、「戦姫絶唱シンフォギア」もロングランヒット



SANKYO、2019年3月期の営業利益は倍増の212億円…新規則機を業界に先駆けて投入、「戦姫絶唱シンフォギア」もロングランヒットSANKYO<6417>は、5月9日、2019年3月期の連結決算を発表し、売上高885億円(前の期比2.7%増)、営業利益212億円(同109.1%増)、経常利益223億円(同97.0%増)、最終利益133億円(同141.1%増)だった。 旧規則機とともに、新規則機も順次市場に投入し、パチンコ12タイトル(リユース機を除く)を販売した。2018年8月に設定付きパチンコ機の業界第1弾「フィーバー革命機ヴァルヴレイヴW」を発売し、さらに日本遊技機工業組合の内規改定により2019年2月から新たに設置が可能となった確率変動高継続タイプの遊技機もグループの看板タイトル「ヱヴァンゲリヲン~超暴走~」を他社に先駆けて発売した。損益面については、従来から取り組んでいた部品の共通化による原価低減や、商品開発の効率化、機種ごとのコスト管理の徹底による研究開発費の抑制などが奏功し、利益率の[...]

SANKYO、2019年3月期の営業利益は倍増の212億円…新規則機を業界に先駆けて投入、「戦姫絶唱シンフォギア」もロングランヒット is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.