Eガーディアン、中間の営業益は10%増の5億7600万円…全サービス増収、中国・韓国系ゲーム会社から多言語CS受注



Eガーディアン、中間の営業益は10%増の5億7600万円…全サービス増収、中国・韓国系ゲーム会社から多言語CS受注イー・ガーディアン<6050>は、5月9日、第2四半期累計(18年10月~19年3月)の連結決算を発表し、売上高32億1600万円(前年同期比9.9%増)、営業利益5億7600万円(同10.6%増)、経常利益6億円(同12.5%増)、最終利益3億9400万円(同8.2%増)だった。 ソーシャルサポート、ゲームサポート、アド・プロセスがいずれも増収だった。ゲームサポートについては、日本市場に参入する中国・韓国系ゲーム会社からの多言語カスタマーサポートの受注を行った。またチート・ボット対策セキュリティ診断サービスの提供も開始した。2019年9月通期は、売上高68億0100万円(前期比15.2%増)、営業利益11億5900万円(同11.5%増)、経常利益11億7900万円(同12.4%増)、最終利益8億1400万円(同10.6%増)を見込む。 [...]

Eガーディアン、中間の営業益は10%増の5億7600万円…全サービス増収、中国・韓国系ゲーム会社から多言語CS受注 is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.