デジタルハーツHD、19年3月期は売上高11%増ながら営業益7%減 エンタープライズ事業の人材確保で先行投資 HEROZ株売却益で最終益は31%増



デジタルハーツHD、19年3月期は売上高11%増ながら営業益7%減 エンタープライズ事業の人材確保で先行投資 HEROZ株売却益で最終益は31%増デジタルハーツホールディングス<3676>は、5月10日、2019年3月期の連結決算を発表、売上高192億5400万円(前々期比11.0%増)、営業利益16億500万円(同7.5%減)、営業利益16億5100万円(同7.4%減)、最終利益15億7500万円(同31.3%増)となった。 エンターテインメント事業は、主力のデバッグサービスを中心に、オペレーション体制の見直しや、収益機会最大化に向けたゲームメーカー向けのサービス提供体制の強化などを図ることで、競争優位性のさらなる向上に努めた。さらに、第二の収益の柱に育てるべく注力しているエンタープライズ事業は、システムテストサービスを中心に、専門人材の強化やアライアンス等も活用した新サービスの拡充を図ることで、強固な事業基盤の構築に努めした。一方、利益面については、エンタープライズ事業において専門人材の確保・育成をはじめと[...]

デジタルハーツHD、19年3月期は売上高11%増ながら営業益7%減 エンタープライズ事業の人材確保で先行投資 HEROZ株売却益で最終益は31%増 is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.