ドリコム、19年3月期は売上高18%減、5.7億円の営業赤字を計上 enza関連の費用が先行 新作の寄与も限定的に 今期1Qは黒字転換見込む



ドリコム、19年3月期は売上高18%減、5.7億円の営業赤字を計上 enza関連の費用が先行 新作の寄与も限定的に 今期1Qは黒字転換見込むドリコム<3793>は、5月13日、2019年3月期の連結決算を発表、売上高107億2000万円(前々期比18.7%減)、営業損益5億7700万円の赤字(前々期1億9000万円の黒字)、経常損益13億4900万円の赤字(同2900万円の赤字)、最終損益17億1200万円の赤字(同2億400万円の赤字)と大幅な赤字を計上した。 エンターテインメントサービスについては、他社IPゲームは、『ONE PIECE トレジャークルーズ』(配信:バンダイナムコエンターテインメント)や、2018年11月にリリース2周年を迎えた『ダービースタリオンマスターズ』が既存ユーザーを中心に支持を集め好調に推移した。また、。オリジナルゲームも、配信開始から8年を迎える中、既存ユーザーの満足度維持・向上に焦点を当てたイベント施策の実施により、底堅く推移した。しかし、前々期において計上されていた開発[...]

ドリコム、19年3月期は売上高18%減、5.7億円の営業赤字を計上 enza関連の費用が先行 新作の寄与も限定的に 今期1Qは黒字転換見込む is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.