ハピネット、19年3月期は21%増、営業益5%減に 星光堂の事業承継や安室奈美恵さん効果で映像音楽事業が伸長 玩具事業の在庫評価損で減益に



ハピネット、19年3月期は21%増、営業益5%減に 星光堂の事業承継や安室奈美恵さん効果で映像音楽事業が伸長 玩具事業の在庫評価損で減益にハピネット<7552>は、9月28日、2019年3月期の連結決算を発表、売上高2403億円(前々期比21.7%増)、営業利益45億4000万円(同5.5%減)、経常利益43億8300万円(同6.8%減)、最終利益27億3500万円(同32.2%減)となった。 映像音楽事業において、星光堂の音楽映像パッケージの卸売事業を承継し、中間流通シェアを拡大したことにより、売上高は前々期を大幅に上回った。一方、利益面については、中核事業である玩具事業において、在庫の評価損を計上したことにより、前々期を下回った。セグメント別の状況は以下のとおり。①玩具事業…売上高770億400万円(前々期7.8%増)、セグメント利益20億2100万円(同18.1%減)バンダイの「HUGっと!プリキュア」や、ハイターゲット向け商材を取扱うBANDAI SPIRITSの「一番くじ」関連商[...]

ハピネット、19年3月期は21%増、営業益5%減に 星光堂の事業承継や安室奈美恵さん効果で映像音楽事業が伸長 玩具事業の在庫評価損で減益に is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.