【速報2】ドリコム、オリジナルタイトルの開発に着手 コアユーザー獲得につながるような実験的な取り組みも



【速報2】ドリコム、オリジナルタイトルの開発に着手 コアユーザー獲得につながるような実験的な取り組みもドリコム<3793>の内藤裕紀社長(写真)は、新規でオリジナルタイトルの開発に取り組む考えを示した。アプリマーケットが成熟化するなかでIPタイトルだからユーザーが集まる、売れるといった状況ではなくなりつつあり、オリジナルタイトルであっても熱量の高いユーザーを集めることでヒットする事例が出ている。昨今のアプリマーケティングでは人数よりも熱量の高いユーザーをいかに獲得するかに主眼が移りつつあると言われる。βテストを負荷テストやフィードバックの場にするだけでなく、従来よりも深く、開発プロセスに近いところまで参加してもらう場にする動きがある。リアルイベントも熱量の高いユーザーとのつながりを作る機会に変化しているようにみえる。今回の発表の背景には、こうした流れがあると見られるが、オリジナルタイトルの開発にあたっては、業績に影響を与えるような大きなコストをかけるというわけではなく[...]

【速報2】ドリコム、オリジナルタイトルの開発に着手 コアユーザー獲得につながるような実験的な取り組みも is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.