家庭用ゲーム大手の19年3月期、6社中4社が営業増益 家庭用好調のカプコンとコーテクが最高益、スマホゲーム苦戦のセガサミー、スクエニが減益と明暗



家庭用ゲーム大手の19年3月期、6社中4社が営業増益 家庭用好調のカプコンとコーテクが最高益、スマホゲーム苦戦のセガサミー、スクエニが減益と明暗家庭用ゲームソフト大手6社の2019年3月期の決算が5月13日に出揃った。本業の儲けを示す営業利益が前年同期に比べてプラスとなったのは、6社中4社だった。カプコン<9697>やコーエーテクモホールディングス<3635>、バンダイナムコホールディングス<7832>、コナミホールディングス<9766>が増益、セガサミーホールディングス<6460>、スクウェア・エニックス・ホールディングス<9684>が減益と明暗が分かれる結果となった(以下、ホールディングスは「HD」と表記する)。 増益組をみていくと、カプコンとコーエーテクモHDは、いずれも家庭用ゲームソフトの販売が好調に推移したことによる。バンダイナムコHDは、玩具を手掛けるトイホビー事業のセメント利益が50%増と大きく伸びたほか、アーケードゲーム関連が好調だっ[...]

家庭用ゲーム大手の19年3月期、6社中4社が営業増益 家庭用好調のカプコンとコーテクが最高益、スマホゲーム苦戦のセガサミー、スクエニが減益と明暗 is a post from: Social Game Info




最初にコメントにしてください

コメントを残す

Your email address will not be published.